コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンター Pinter, Harold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンター
Pinter, Harold

[生]1930.10.10. ロンドン
[没]2008.12.24. ロンドン
イギリスの劇作家。ユダヤ系ポルトガル人の家に生まれた。初め俳優を志したが,1956年から執筆活動を開始。初の戯曲『部屋』The Room(1957)で注目され,『バースデー・パーティ』The Birthday Party(1958),『管理人』The Caretaker(1960)など,日常のありふれた会話にひそむ危機を浮き彫りにし,閉ざされた空間に外界からの脅威が迫る様子を恐怖感と滑稽感を漂わせて描いた作品によって劇作家としての地位を確立。斬新なことば,沈黙と間の多用を特徴とする「ピンタレスク」と呼ばれる手法で,現実を論理的説明抜きで描き,イギリスにおける不条理演劇第一人者といわれた。他の作品に『帰郷』The Homecoming(1965),『昔の日々』Old Times(1971),『パーティ・タイム』Party Time(1991)など。1970年代以降は演出にも携わり,さらに詩や小説,映画『フランス軍中尉の女』The French Lieutenant's Woman(1981)のシナリオなども手がけている。1970年代からは人権活動家としても活躍。1966年大英帝国三等勲功章 CBE,1996年ローレンス・オリビエ賞,2002年名誉勲爵士の称号,2005年ノーベル文学賞,2007年レジオン・ドヌール勲章を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ピンター

英国の劇作家。俳優をしていたが劇作に移る。シンプルな会話で,つかみどころのない状況に潜む恐怖や笑いを描いた,英国不条理演劇の第一人者。《料理昇降機》(1959年),《恋人》《帰郷》など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピンター【Harold Pinter】

1930‐
イギリスの劇作家。ロンドンの下町に生まれ,俳優となり,《部屋》(1957初演)によって劇作生活に入る。一見現実的でその実つかみどころのない状況に潜む恐怖感と滑稽感を,沈黙の多い緻密な文体で表現し,劇的認識と演劇言語のあり方に革新をもたらした。作品には,外界から迫ってくる脅威を描いた《バースデー・パーティ》(1958)や《料理昇降機》(1959),場所の所有をめぐる争いをとらえた《管理人》(1960)や《地下室》(1967),風習喜劇めいた人間関係を追求した《恋人》(1963),《帰郷》(1965),《だれもいない国》(1975),《背信》(1978),記憶と現実の関係を探った《風景》(1969),《昔の日々》(1971)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ピンター【Harold Pinter】

1930~2008) イギリスの劇作家。不条理演劇の伝統に属する、暗い滑稽さを秘めた作風で、現代イギリス演劇の巨匠となる。代表作「管理人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピンター
ぴんたー
Harold Pinter
(1930―2008)

イギリスの劇作家。ユダヤ人の仕立屋の子としてロンドンの下町に生まれる。しばらく俳優学校で学んだのち、地方巡業を続けながら多くの詩や小説を書き、一幕物『部屋』(1957)によって劇作活動に入った。とらえがたい過去が現在の生活を破壊するありさまを描いた最初の多幕物『バースデイ・パーティ』(1958)は興行的には失敗したが、一つの場所をめぐる穏微な争いを扱った『管理人』(1960)によって名声を確立。以来、『帰郷』(1965)、『風景』(1968)、『沈黙』(1969)、『昔の日々』(1971)、『誰(だれ)もいない国』(1975)、『背信』(1978)など、時間に支配される存在としての人間と人間の記憶の不確かさとを中心にすえた一連の作品によって、第二次世界大戦後のイギリスのもっとも興味ある劇作家とみなされるに至った。この間、ラジオやテレビのために『かすかな痛み』(1959)、『コレクション』(1961)、『恋人』(1963)、『地下室』(1967)などを執筆。これらはいずれもその後に舞台化された。1980年代以後は政治的関心を表面に出すようになり、『景気づけに一杯』(1984)、『山の言葉』(1988)、『パーティの時間』(1991)などによって、全体主義体制の暴力を厳しく批判した。他方、過去を幻想的に扱った『家族の声』(1981)、『いわばアラスカ』(1982)、『月の光』(1993)などを並行して発表したが、『灰から灰へ』(1996)では、両者の傾向がうまく融合している。彼の劇は日常的状況のなかに潜む不条理を摘出して恐怖感と滑稽(こっけい)感を同時に醸し出すところに特色があり、沈黙を多用する凝縮された文体によって、一種の劇場詩をつくっている。映画シナリオの執筆も多い。演出家としても精力的に活動し、また1990年代には、自らの旧作の上演に際してしばしば俳優として舞台に立った。反戦活動でも知られ、1999年の北大西洋条約機構(NATO)軍によるユーゴスラビア空爆や、2003年に起きたイラク戦争では反対の立場をとっていた。2005年ノーベル文学賞受賞。[喜志哲雄]
『小田島雄志・喜志哲雄・沼澤洽治訳『ハロルド・ピンター全集』全3巻(1977・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のピンターの言及

【ロージー】より

…しかし1930年代のロシア旅行や労働者演劇の推進,また東ドイツへ帰国したブレヒトの親友といった〈共産主義的な過去〉ゆえに,非米活動委員会のブラック・リストにのせられてヨーロッパに亡命,初期の意欲作《緑色の髪の少年》(1948)ほか4本をハリウッドに残したのみで,以後はついに1本もアメリカ映画を撮らなかった。亡命初期はイタリアやイギリスでアンドレア・フォルサーノなどの匿名での映画づくりを余儀なくされたが,硬質の犯罪映画《コンクリート・ジャングル》(1960,イギリス)などで注目を集め,《エヴァの匂い》(1962,フランス),《召使》(1963,イギリス),《できごと》(1967,イギリス),《恋》(1971,イギリス)など,おもにハロルド・ピンターの脚本を得て60年代の世界映画をリードし,偽善,裏切り,罪の意識などを鋭く描き出した。70年に入っての《パリの灯は遠く》(1976)はアラン・ドロンの最良の演技の一つとして記憶される。…

※「ピンター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピンターの関連キーワードホール(Sir Peter Reginald Frederick Hall)ボンド(Edward Bond)ペギー アシュクロフトエドワード ボンドアニエス ジャウイヌーボー・テアトルイギリス舞台劇団J. ロージーアシュクロフトリチャードソンブラッスール10月10日速名美佐子ショインカスピーゲル現代演劇ロージー前衛演劇風俗喜劇エスリン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピンターの関連情報