ファインマン・ダイアグラム(英語表記)Feynman diagram

翻訳|Feynman diagram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファインマン・ダイアグラム
Feynman diagram

素粒子反応を視覚的に表現し,反応の確率を系統的に計算するための平面図。縦軸は下から上へと時間の経過を,また横軸は粒子の空間的位置関係を表す。電子核子などの運動は上向きの矢印をもつ実線で,それらの反粒子の運動は粒子とは逆に下向きの矢印をもつ実線で表示される。光子のように粒子と反粒子の区別がない場合には,矢印のない点線や波線でその運動が示される。素粒子の放出・吸収・転化は関係する素粒子を表す線の交点(頂点)で生じたと考えられる。図形の各部分には決まった量が対応づけられ複雑な S 行列要素の計算を容易にする。素粒子論のみならず広く多体問題の計算に有効な道具となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android