コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファビウス ファビウス Quintus Fabius Maximus Verrucosus

6件 の用語解説(ファビウスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ファビウス(Quintus Fabius Maximus Verrucosus)

[?~前203]古代ローマの将軍・執政官。第二次ポエニ戦争ハンニバルの率いるカルタゴ軍を破った。フェビアン協会の名前の由来となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ファビウス Fabius, Gerhardes

1806-1888 オランダの軍人。
1806年12月13日生まれ。嘉永(かえい)7年(1854)スンビン号艦長として長崎に来航。オランダ商館長クルティウスに協力して幕府から軍艦を受注。翌年再来日し,長崎海軍伝習所で海軍教育をおこなった。スンビン号は幕府に寄贈され観光丸と改称。1888年3月24日死去。81歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ファビウス

没年:1888.3.24(1888.3.24)
生年:1806.12.13
幕末のオランダの海軍軍人。安政1年7月28日(1854年8月21日),東インド艦隊のスンビン号艦長として情報収集のため長崎に来航,続いて翌年6月9日(7月22日)ヘデー号司令官としてスンビン号と共に長崎に来航,スンビン号は幕府に贈られ観光丸と命名された。<参考文献>高橋邦太郎『お雇い外国人』6巻

(内海孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ファビウス【Quintus Fabius Maximus Verrucosus Cunctator】

前275ころ‐前203
共和政中期ローマの政治家,将軍。前233年,228年,215年,214年,209年のコンスル(執政官)。遷延作戦で第2次ポエニ戦争(前218‐前201)をローマの勝利に導いたため,〈クンクタトル(遷延者)〉という添え名を与えられた。古い型のパトリキ貴族の典型。第2次ポエニ戦争勃発時に使節としてカルタゴに派遣され,前217年トラシメヌス湖畔の敗戦後独裁官(ディクタトル。第2回目)に任ぜられ,軍規と国力の立て直しをはかり,反対をおしきり持久戦にもちこんだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ファビウス【Quintus Fabius Maximus】

?~前203) 古代ローマの政治家・軍人。第二次ポエニ戦争の際、敵の消耗を待つ作戦で勝利を得た。 → フェビアン協会

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファビウス
ふぁびうす
Quintus Fabius Maximus Verrucosus Cunctator
(?―前203)

古代ローマの軍人。ファビウス氏はローマ共和政期を通じてもっとも有力な氏族の一つであったが、彼はコンスル(統領)に5回就任した。ハンニバルイタリアを劫掠(ごうりゃく)したときには、紀元前217年にディクタトル(独裁官)となり、決戦を避けて遷延戦術をとったので「遷延家」(クンクタトル)と称された。晩年には元老院首席として権勢を振るったが、若い大スキピオと対立した。[吉村忠典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のファビウスの言及

【改良主義】より

…1820年代に全国的組織になったイギリスの労働運動は,労働条件の改善をめざし,選挙権の獲得をめざすなど,改良主義的傾向を示していたが,1884年に設立された〈フェビアン協会〉の主張したフェビアン社会主義も,改良主義的である。慎重に持久戦をおこない敵を撃破した古代ローマの名将ファビウスの名をとったことが示しているように,この社会主義は議会制民主主義のもとで漸進的に社会改良を進め,慎重に社会改革の準備を重ねるという路線をとる。その影響をうけた労働党も改良主義的である。…

【フェビアン協会】より

…〈新生活フェローシップ〉のユートピア主義に不満なポドモアFrank Podmore,ピーズEdward Reynolds Peaseら数名の知識人により,1884年1月ロンドンで設立される。ローマの知将ファビウス(あだ名は〈遷延家〉)にちなんで名づけられた。G.B.ショーとシドニー・ウェッブの参加により,固有のフェビアン社会主義が確立される。…

※「ファビウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファビウスの関連キーワードアントニウスクラッススネポスマシニッサマルケルスローマの泉ローマの祭りスキピオ[大]ブルトゥスミトリダテス[6世]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファビウスの関連情報