コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファブリキウス Fabricius ab Aquapendente, Hieronymus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファブリキウス
Fabricius ab Aquapendente, Hieronymus

[生]1537.5.20. アクァペンデンテ
[没]1619.5.21. パドバ
イタリアの解剖学者。イタリア名ジェロニモ・ファブリチオ Geronimo (Gilolamo) Fabrizio (Fabrici)。外科医で近代発生学の先覚者。パドバ大学に学び,師の G.ファロピウスの跡を継いで 1562年に教授。発生学を初めて比較解剖学の立場から研究。咽頭が発声器官であることや,瞳孔が光によって大きさを変えることなど,いくつかの新事実を発見しているが,特に静脈に弁があり,心臓に向かう血液の逆流を防いでいることを発見し,弟子 W.ハーベイの血液循環論の創造に影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ファブリキウス【Hieronymus Fabricius】

1537~1619) 〔イタリア語名 Girolamo Fabrizio〕 イタリアの解剖学者・外科医。ハーベイの師。静脈弁の働きを克明に観察、血液循環の発見に基礎を与える。また広範に比較発生学的・解剖学的研究を行い、鳥類のファブリキウス囊のうにその名をとどめる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ファブリキウスの関連キーワードファブリキウス囊ファブリシウス嚢天文学史(年表)5月20日6月25日免疫細胞系リンパ系造血組織リンパ球変光星生理学リンパボアンB細胞昆虫学パドバミラ黒点

ファブリキウスの関連情報