コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファラデー ファラデー Faraday, Michael

7件 の用語解説(ファラデーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファラデー
ファラデー
Faraday, Michael

[生]1791.9.22. サリー,ニューイングトン
[没]1867.8.25. ハンプトンコート
イギリスの化学者,物理学者1812年王立研究所での H.デービーの講演を聞いたことを機縁に翌年その助手となった。 H.エルステッド電流の磁気作用の発見を伝え聞いて,それが電流のまわりの円周に沿って生じる力のためであることを見抜き,それに基づいて電動機の原理を明らかにした (1821) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ファラデー
ファラデー

ファラデー定数」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ファラデー(Michael Faraday)

[1791~1867]英国の物理学者・化学者。塩素の液化、鉄の合金ベンゼンの発見などに成功。のち、電磁気を研究、1831年に電磁誘導現象を、1833年に電気分解に関する法則を発見するなど、マクスウェルの電磁理論の基礎をつくった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ファラデー

英国の物理学者,化学者。鍛冶屋の子に生まれ,製本見習をしながら独学。H.デービーに見いだされ,1813年彼の助手になり,1833年王立研究所教授。初め化学を研究し,炭酸ガス硫化水素・塩素などを液化(1823年),ベンゼンを発見(1825年)。
→関連項目ティンダル電磁気学ヘンリーローヤル・インスティチューション

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ファラデー【Michael Faraday】

1791‐1867
イギリスの物理学者,化学者。ロンドン近郊ニューイントンに鍛冶工の子として生まれた。13歳のときから製本屋の徒弟として働いていたが,この間,読書によって科学知識に興味をもつようになった。1812年にローヤル・インスティチューションでH.デービーの講演を聴いたことが契機となって翌年3月から彼の実験室助手となり,デービーの大陸旅行(1813‐15)にも同行している。33年以降ローヤル・インスティチューションの化学教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ファラデー【Michael Faraday】

1791~1867) イギリスの物理学者・化学者。塩素の液化やベンゼンの単離など実験化学で優れた業績をあげた。のち電磁気研究に専念。電流の磁気作用から電磁気回転をつくる実験に成功、その逆の作用として電磁誘導の法則を発見、さらに電気分解に関する法則を見いだした。また電場、磁場、力線の概念を導入してマクスウェルの電磁理論への道を開いた。ほかに真空放電におけるファラデー暗部の発見、反磁性物質の発見などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファラデー
ふぁらでー
Michael Faraday
(1791―1867)

イギリスの化学者、物理学者。9月22日、鍛冶(かじ)職人の子としてロンドン郊外のニューイントン・バッツで生まれる。読み書きと算術を習っただけで、1804年書店兼製本業の店に徒弟奉公した。製本に回される科学の本に興味をもち、本に書かれている実験を試したりした。1810年から町の科学協会に出席、1812年、店の客だった王立研究所所員の計らいでデービーの公開講座を聞き、自然科学の仕事につきたいと強く願うようになった。この年、年季の明けたファラデーは、製本職人として別の店に勤めたが、デービーにその講演を丹念にまとめたノートを添えて職を求める手紙を送った。1813年3月王立研究所の実験室助手に採用され、10月にデービーの秘書兼助手として2年間のヨーロッパ旅行に同行。1815年帰国、ふたたび王立研究所の実験室助手、1825年実験室主任、1833年化学教授となった。1824年王立協会会員に選ばれた。37年間王立研究所の屋根裏部屋で過ごしたが、1858年女王に提供されたハンプトン・コートの邸宅に移り、1867年8月25日、76歳の生涯を閉じた。[高橋智子]

化学研究

ファラデーは、王立研究所に持ち込まれる工業上の諸問題、おもに化学的研究にデービーの助手として取り組んだ。1816年トスカナの生石灰を分析して処女論文を書き、1819年から5年間鉄の合金を研究した。1823年塩素ガスの液化に成功、ついで二酸化硫黄(いおう)、二酸化窒素、アンモニアなどを次々に液化。1825年ガスボンベの底にたまる物質中にベンゼンを発見、炭素と水素からなることを示した。このころ、J・ハーシェルらと光学ガラスの改良を手がけ、重ガラスをつくったが、改良そのものには失敗。このガラスはのちに反磁性の研究に使われた。[高橋智子]

電磁気学研究

1820年エールステッドは電流の磁気作用を発見し、アンペールは電気磁気の相互作用に関して「アンペールの法則」を定式化しつつあった。この分野が静電気・磁気学から電気と磁気の相互作用を研究する電磁気学へと大きく飛躍しようとしていた時代にファラデーは電磁気学研究に手を染めた。1821年電磁気回転の実験に成功、電気と磁気の相互作用を確信したファラデーは、電流の磁気作用の逆、つまり磁気から電流が生じるかどうかの問題に取り組んだ。定常電流が磁気を生じることから、導線の近くに磁石を置くことで定常電流が得られると考え、1824年、電流を通した導線近くに強力な磁石を置き、回転中の離れた所に置いた磁針の振れを観察した。しかしなんの変化も認められなかった。エネルギー保存を考えれば、誘導電流を得るには磁気を変化させる必要があるが、そうした考えのなかった当時、このことを認識するのに7年を必要とした。1831年8月、回路の開閉によって第二の回路に電流が生じることを、10月、コイルの中に棒磁石を出入りさせると電流が生じることを確認、電磁誘導を発見した。
 1833年、それまで知られていたボルタ電堆(でんたい)の電気、熱電気、動物電気、摩擦電気、電磁誘導の電気など種々の電流の同一性を確認、さらに定量化を可能にする電気分解の法則を定式化した。ここで電気化学当量やイオン概念を導入、電気分解を特殊な電気伝導と考え、その機構を明らかにしようとした。1836年には電気容量が介在する物質に依存することを確かめ、いわゆる遠隔作用論を批判した。のちにマクスウェルに引き継がれる力線の概念を導入、近接作用論への基礎を築いた。産業革命の進展が電信技術の進歩をもたらし、電磁気学の発展を要請していた時代であり、アンペール、ウェーバー、ガウスら多くの科学者がこの問題に取り組んでいた。ファラデーもその一人として実験を体系的に組織したのであった。
 1835年自己誘導の発見、1838年気体放電でのファラデー暗部の発見、1845年ファラデー効果、反磁性の発見、1850年復氷の発見など多くの注目すべき業績をあげた。[高橋智子]
『H・スーチン著、小出昭一郎・田村保子訳『ファラデーの生涯』(1985・東京図書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のファラデーの言及

【イギリス映画】より

…イギリスには,映画の前史を形成したもっとも重要な人々が存在した。18世紀後半に〈パノラマ〉を考案したR.バーカー,19世紀前半に〈ファラデーの車輪〉と呼ばれる装置を発案したM.ファラデー,〈ソーマトロープ〉を考案したフィットンとパリス,〈ゾーエトロープ〉を考案したW.G.ホーナー,19世紀後半には初めて〈連続写真〉の撮影を行ったE.マイブリッジ,映画用カメラを初めて作ったW.フリーズ・グリーン等々。次いで1896年3月に《ドーバーの荒海》と題した自作のフィルムのイギリスでは初めての興行上映を行ったR.W.ポール,1900年前後にいち早くクローズアップやカット・バックといった映画的手法や,ロケーション撮影や書割を背景に用いたセット撮影を駆使して世界最初の〈モンタージュ〉を試みたG.A.スミスをはじめ,J.ウィリアムソン,C.アーバン,C.ヘプワースら,映画史家G.サドゥールによって〈ブライトン派〉と名づけられた映画のパイオニアたちが輩出した。…

【渦電流】より

…電気伝導体に対して,それを貫く磁力線が相対的に運動するとき,導体の中に生ずる渦状の電流。1824年D.F.J.アラゴーが,回転する円板の上の磁針が振れる現象(アラゴーの回転板と呼ばれている)を発見したのが初めで,この現象はその後M.ファラデーが発見した電磁誘導の法則によって説明された。渦電流によって,強い磁場中で回転する電気伝導体の円板が強い制動力を受けることをJ.B.L.フーコーが実験で示した(1855)ことからフーコー電流とも呼ばれ,この現象は交流の積算電力計や電磁ブレーキなどに利用されている。…

【近接作用】より

…弾性体内の応力は各点でのひずみを通じて順次隣り合った部分に伝わっていくからまさに近接作用である。M.ファラデーは二つの帯電した物体の間のクーロン力も,帯電体の間の空間に充満した電気力管が引っ張られた(または押し合った)ゴムのような状態にあるため生ずると考えた。彼はこのような立場から電場,磁場,力線などの概念,すなわち場の考え方を導入し,それまで遠隔作用と考えられていた電磁気力を場を通じた近接作用によるものとして説明した。…

【磁気】より

…磁場が電流によっても生ずることを発見したのはH.C.エルステッドで,これを定量的に法則化したのはA.M.アンペールである。また反対に,コイルの中をよぎる磁束の時間的変化によってコイル内に起電力が生ずるという電磁誘導の法則がM.ファラデーによって発見され,このようにして電気と磁気の間に密接な関係のあることが明らかにされていった。ファラデーはまた電磁石を用い,いわゆる強磁性を示す鉄,コバルト,ニッケル以外の物質も多かれ少なかれ磁気的であり,これらは反磁性と常磁性とに分類できることを示した。…

【電気】より

…その発展の中で,多彩な電気技術の発展の基礎である電磁誘導の発見も行われた。電磁誘導は31年M.ファラデーが発見した。この現象を利用した発電機は多くの人が試みたが,W.vonジーメンスおよびZ.T.グラムによって,70年前後にほぼ完成された。…

【電磁気学】より

…ニュートン力学は物理学のすべての分野の規範であったから,19世紀前半までの電磁気学でも遠隔作用の観点がとられていた。近接作用を電磁気学にもちこんだのはM.ファラデーであり,それにみごとな数学的定式化を与えたのがマクスウェルである。近接作用の観点から電磁気学の中心問題を述べれば,(1)電荷や電流は周囲の空間にいかなる電場,磁場をつくるか,(2)電場,磁場は電荷や電流にいかなる力を及ぼすかということである。…

【電磁誘導】より

…その起電力を誘導起電力induced electromotive force,電流を誘導電流induced currentと呼ぶ。1831年M.ファラデーによって発見され,それまで別の現象と考えられていた電気と磁気との間に関係があることが示された。閉じた回路の近くで永久磁石を動かすか,あるいは電流が流れている他の回路を動かしたり,その電流を切ったりしたときこの現象が観測されるほか,また閉じた回路に流れている電流が変化した場合にも,この回路を貫く磁束が変化するため回路に誘導起電力を生ずる。…

【ファラデー効果】より

…磁場の中に置かれた透明で等方的な物質中を,直線偏光が磁場と平行に進むとき,その偏光面が回転する現象をいう。1845年にM.ファラデーによって鉛ガラスで発見された。偏光面の回転角θは,物質の厚さdと磁場の磁束密度の大きさBとに比例し,θ=RdBで表される。…

※「ファラデー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファラデーの関連キーワード戒言竹村鶴叟林其山森大狂1791年憲法ルボン窪田清音中川憲斎松浦煕Constitution Act,1867-1982

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファラデーの関連情報