コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・デル・ワールス ファン・デル・ワールスvan der Waals, Johannes Diderik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファン・デル・ワールス
van der Waals, Johannes Diderik

[生]1837.11.23. ライデン
[没]1923.3.9. アムステルダム
オランダの物理学者。ライデン大学卒業。アムステルダム大学教授 (1877) 。理想気体の状態方程式 (→ボイル=シャルルの法則 ) に気体分子の寸法および分子間力による補正項を加えたファン・デル・ワールスの状態方程式を見出した (1873) 。彼の業績は,水素,ヘリウムなど実在気体の液化の条件の理論的決定を通じて極低温物理研究の発展に大きな影響を与えることになった。原子,分子間の弱い引力は彼にちなんでファン・デル・ワールス力と名づけられている。 1910年ノーベル物理学賞受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファン・デル・ワールス
ふぁんでるわーるす
Johannes Diderik van der Waals
(1837―1923)

オランダの物理学者。ライデンに生まれる。生地で教育を受け、最初小学校の教師になった。のちに中学校に転じ、その間ライデン大学で物理学を学んだ。1866年ハーグの中学校に移り、そこの校長をしながら物理学の研究を続けた。1873年、有名な論文「気体と液体の連続性について」によって博士の学位を取得、1877年から1907年までアムステルダム大学の物理学教授を務めた。いち早くマクスウェルの高い評価を得たこの論文は、クラウジウスの1857年の気体分子運動論に関する論文に啓発され、直接にはアンドリュースの臨界温度の発見を伴った二酸化炭素の状態変化に関する実験結果を分子論的に説明することを目的としたものである。そのなかで示された、分子の大きさと分子間引力とを考慮した実在気体の状態方程式は「ファン・デル・ワールスの状態方程式」として知られる。これによって、当時永久気体とよばれていた酸素、窒素、水素、ヘリウムなどの状態変化の予測が可能になり、それらの気体の液化の可能性に理論的基礎が与えられた。物質の状態変化、毛管現象など主として物理化学的現象の熱力学的ならびに分子論的研究に生涯を捧(ささ)げた。1910年、その状態方程式に関する業績に対してノーベル物理学賞が授与された。アムステルダムで死去した。[井上隆義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ファン・デル・ワールスの関連キーワードアンドリュース(Thomas Andrews)ゼーマン(Pieter Zeeman)ファン・デル・ワールスの状態方程式ボイル=シャルルの法則バン・デル・ワールス超音速分子ビーム超流動ヘリウム3シクロヘキサンE. アマガースピノダル分解フェルトマンローゼボーム分子化合物黒鉛化作用クラスターリフシッツ臨界状態原子半径分子模型オランダ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android