コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェデー フェデーFeyder, Jacques

3件 の用語解説(フェデーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェデー
フェデー
Feyder, Jacques

[生]1888.7.21. イグゼル
[没]1948.5.25. ジュネーブ
フランス映画監督。 P.ブノワの小説の映画化『女郎蜘蛛』L'Atlantide (1921) で注目される。『ミモザ館』 Pension Mimosas (34) ,『外人部隊』 Le Grand Jeu (35) ,『女だけの都』 La Kermesse héroïque (35) は,1930年代フランスを代表する名作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェデー
ふぇでー
Jacques Feyder
(1885―1948)

フランスの映画監督。本名J. Frdrix。7月21日ブリュッセル郊外のイクセルに生まれる。1930年代、フランス映画の黄金時代を築いた代表的監督の一人。青年時代、演劇を志して、1910年パリに出る。俳優となり、1916年映画監督に転じた。女優フランソアーズ・ロゼーと結婚し、このコンビは生涯続いた。フェデーが名をなした第一作は1921年に発表した『女郎蜘蛛(ぐも)』である。続いて『雪崩(なだれ)』(1923)、『面影』(1924)、『テレーズ・ラカン』(1928)で、独自の詩的リアリズムを完成した。トーキー時代の第一作『外人部隊』(1934)は、北アフリカの外人部隊のうらぶれた生活をリアルにまた情緒を込めて描いた佳作であった。だがフェデーの名を国際的にも広く高めた最初の傑作は『ミモザ館』(1935)である。これは、ロゼー扮する南フランスのペンションの女将の、養子に対する恋の悲しさを主題とし、詩的リアリズムの極致をみせた。これに対して『女だけの都』(1935)は彼の一世一代の傑作であり、ベルギーの都市に侵入した軍隊を市長夫人(ロゼー)ら女たちだけであしらい無事に通過させたという愉快な作品。その後、イギリスでの作品『鎧(よろい)なき騎士』(1937)を除き、作品に恵まれず、1948年5月25日スイスで持病の結核のため死んだ。[飯島 正]

資料 監督作品一覧

女郎蜘蛛 L'Atlantide(1921)
雪崩 Visages d'enfants(1923)
面影 L'images(1924)
カルメン Carmen(1926)
テレーズ・ラカン Thrse Raquin(1928)
接吻 The Kiss(1929)
あけぼの Daybreak(1931)
印度の寵児 Son of India(1931)
外人部隊 Le grand jeu(1934)
ミモザ館 Pension Mimosas(1935)
女だけの都 La kermesse hroque(1935)
鎧なき騎士 Knight Without Armour(1937)
旅する人々 Les gens du voyage(1938)
宝石館 Macadam(1946)

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フェデーの関連キーワードウィルヘルムウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグオリファントハラタマファビウス二葉亭四迷メチニコフ水成岩タフォイド

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェデーの関連情報