フェルディナント(1世)(読み)ふぇるでぃなんと(英語表記)Ferdinand Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルディナント(1世)
ふぇるでぃなんと
Ferdinand Ⅰ
(1503―1564)

神聖ローマ皇帝(在位1556~64)。ドイツ国王(在位1531~64)。カール5世の弟。カールの皇帝就任後ネーデルラントで統治の任にあたり、1621年オーストリア領を与えられて、皇帝のドイツ不在中帝国の国事を代行した。26年妃(きさき)の弟ラヨシュの死後ボヘミア、ハンガリーを相続したが、トルコに支援された対立王ザポーリャの異議にあい、29年、31年、41年としばしばトルコの侵入に悩まされた。31年ドイツ国王に選立され、以後帝国議会を指導、宗教改革問題ではルター派の禁圧の不可能なことを認識して両派の和解に努め、ローマ教皇、皇帝の意に反して55年アウクスブルクの和議を成立させた。56年カール5世の後を継いで皇帝となり、58年戴冠(たいかん)した。トリエント公会議では教皇に協力し、イエズス会を自領内に招いたが、自領内での宗教的対立の融和にも努力した。オーストリア・ハプスブルク家の祖である。

[中村賢二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

フェルディナント(1世)
Ferdinand Ⅰ

1503〜64
神聖ローマ皇帝(在位1556〜64)
カール5世の弟で,オーストリアのハプスブルク家の始祖。1526年ベーメン・ハンガリーの王位につき,ハプスブルク家多年の宿望を達成した。1555年アウグスブルクの宗教和議でルター派の信仰の自由を認め,カトリック教会の普遍的・統一的支配体制は名実ともに終了した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android