フェルディナンド1世(英語表記)Ferdinand Ⅰ

20世紀西洋人名事典の解説

フェルディナンド1世
Ferdinand Ⅰ


1861 - 1948
ブルガリアの政治家。
元・ブルガリア国王。
本名Maximilian Karl Leopold Maria。
祖父ルイ・フィリップは元・フランス国王。ロシアの反対を押し切って1887年ブルガリア公となる。1908年ブルガリアの独立を宣言。’12年第一次バルカン戦争に勝利したが、同盟国と領土処分に関して対立。’13年第二次バルカン戦争で敗北。第一次大戦参戦ではドイツ、オーストリア側に立った。’18年敗戦により退位。

フェルディナンド1世
Ferdinand Ⅰ


1865 - 1927
ルーマニアの軍人。
元・ルーマニア王,元・ルーマニア軍総司令官。
カロル1世の甥。1889年ルーマニアに招かれて皇太子となる。軍の近代化に努め、ルーマニア軍総司令官としてバルカン戦争に参加。1914年王位に就く。中央同盟側にブカレストが占領されると、抗戦をモルダビアに逃れて指揮。兵士の間の革命的気運を前線視察で気づき、’17年農地改革を約束した。「大ルーマニア」の夢が彼のもとで戦争末期に実現した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フェルディナンド1世

生年月日:1751年1月12日
両シチリア国王(1816〜25)
1825年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェルディナンド1世の関連情報