コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルナンド7世 フェルナンドななせいFernando VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルナンド7世
フェルナンドななせい
Fernando VII

[生]1784.10.14. エルエスコリアル
[没]1833.9.29. マドリード
スペイン王 (在位 1808,14~33) 。カルロス4世とパルマ公女マリア・ルイザの子。父の即位後アストゥリアス公。 19世紀の初め,父の寵臣宰相 M.ゴドイの政策に反対して,フェルナンド派を結成,親ナポレオン政策をとった。 1808年3月のアランフェスの反乱により,カルロスは退位,ゴドイは免職となり,フェルナンドが即位した。しかし5月バイヨンヌ会議でナポレオン1世に退位させられ,フランスのバランセーに幽閉された (08~13) 。 14年3月スペインに戻り王座につき民主的憲法を廃止し,自由主義者を圧迫して反動政治を行なった。一方,キューバ,プエルトリコ以外のラテンアメリカ植民地を失い国力は衰退した。『サリカ法典』を無視して,王妃マリア・クリスティナとの娘イサベル (2世) を王位継承者にしてカルリスタ戦争の原因をつくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

フェルナンド7世

生年月日:1784年10月14日
スペイン王(在位1808,14〜33)
1833年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

フェルナンド7世の関連キーワードマリア・クリスティナ(スペイン王フェルナンド7世の王妃)マドリードのエルドン・カルロス((1788―1855))近・現代ラテンアメリカ史(年表)アテネオ・デ・マドリードリエゴ・イ・ヌニェスマリア・クリスティナリエゴ・イ・ヌニェスフェルナンド[7世]エスプロンセーダイサベル(2世)ペレス・ガルドスドン・カルロスメンディサバルカルロス主義イトゥルビデエスパルテロゴヤ(年譜)イサベル2世プラド美術館

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android