コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェレイラ フェレイラ Ferreira, António

8件 の用語解説(フェレイラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェレイラ
フェレイラ
Ferreira, António

[生]1528. リスボン
[没]1569. リスボン
ポルトガルの詩人。コインブラ大学で法律を学び,人文主義者ディオーゴ・デ・テーベと交わる。リスボンで判事をしていたときに,ペストで死亡。代表作の悲劇『カストロ』A Castro (1557執筆,87刊) は古典劇の傑作で,詩人ガルシア・デ・レゼンデによって始められたテーマである,王子ペドロと美しい女官イネース・デ・カストロの悲恋を扱ったものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フェレイラ
フェレイラ
Ferreira, Cristovão

[生]1580. トレスベドラス
[没]1650.11.4/5. 日本
日本名は沢野忠 (仲) 庵。ポルトガルのイエズス会司祭。 1596年 12月イエズス会に入り,のちマカオを経て,1609年5月 16日来日,布教に成功を収め,32年 12月 23日同会の日本管区長となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フェレイラ(Christovão Ferreira)

[1580~1650]ポルトガルのイエズス会宣教師。日本名、沢野忠庵。慶長14年(1609)ごろ来日し、上方を中心に布教。迫害にあって棄教。宗門改めに協力。蘭学発展の基礎を築いた。著「顕偽録」「南蛮外科秘伝書」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フェレイラ

ポルトガル人イエズス会司祭。1609年ころ来日,長崎,京都方面を布教。1632年日本準管区長となったが翌年逮捕され,穴づりの拷問にあって棄教。1636年イエズス会より追放される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

フェレイラ Ferreira, Christovão

沢野忠庵(さわの-ちゅうあん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

フェレイラ【Christóvão Ferreira】

1580‐1650
イエズス会司祭。のち棄教して,日本名沢野忠庵を名のる。ポルトガルのトレス・ベドラス出身。1596年イエズス会に入り,1609年(慶長14)来日して京都布教に従事。禁教令施行後も日本に残留潜伏し長崎で管区長秘書を務め,のち23年(元和9)ころ上京し当地方の地区長,32年(寛永9)日本準管区長に任命されるが,翌年捕らわれ穴吊り刑の拷問にかけられ棄教,36年イエズス会より追放される。同年沢野忠庵の日本名で《顕偽録》を著しキリシタン宗門の真偽を論じて排耶論を展開し,のちの排耶書に教理的裏づけを与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フェレイラ【Christovão Ferreira】

1580~1650) ポルトガルのイエズス会宣教師。日本名、沢野忠庵。1610年来日。日本管区長となるが、捕らえられて棄教。宗門改めに協力し、鎖国下で西洋医学・天文学を伝えた。著「顕偽録」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェレイラ
ふぇれいら
Christvo Ferreira
(1580―1650)

日本名沢野忠庵(さわのちゅうあん)。転び伴天連(バテレン)。ポルトガルのジブレイラに生まれ、1596年イエズス会に入会。1609年(慶長14)ごろ来日し、京都、大坂など上方(かみがた)を中心に布教活動を行い、1632年(寛永9)同会日本管区長となる。キリスト教迫害下の長崎に潜伏中、1633年に捕らえられ、過酷な穴吊(づ)りの拷問にあって、耐えきれず棄教した。その後、沢野忠庵の名で幕府のポルトガル通詞(つうじ)となり、またキリシタン検索のために行われた宗門改(あらため)に協力して、「目明し忠庵」とよばれた。キリシタン排撃の書である『顕偽録』(1636)を著したほか、鎖国下の日本に西洋医学や天文学を伝えた『天文備用』(1644)、『南蛮外科秘伝書』などがあり、蘭学(らんがく)発展の基礎をつくった。[磯見辰典]
『古賀十二郎著『長崎洋学史』(1966・長崎文献社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェレイラの関連キーワード沢野忠庵原マルチノイエズスイエズス会士日本通信イエズス会士ルイス・フロイス後藤了順山田ジュストメンチンスキ結城ディオゴ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェレイラの関連情報