コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェロニー félonie[フランス]

2件 の用語解説(フェロニーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フェロニー【félonie[フランス]】

封建的主従関係(封建制度)における主君と家臣の間の誠実義務違反。ラテン語フェロニアfelonia。封建的主従関係にある主君と家臣とは,相手方に対し誠実をつくす義務,すなわち,積極的に相手方の利益を図り不利益を避ける基本的な義務を相互に負うほかに,主君は封地(レーン)等を与えて家臣を保護する義務を,また,家臣は主君に対し軍役,参廷等の義務を負う。これらの義務に違反する行為を,これが主君の行為たると家臣の行為たるとの別を問わず,フェロニーと称する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェロニー
ふぇろにー
felony英語
feloniaラテン語

封建領主と家臣との間で、家臣が主君やその家族、あるいは主君が家臣の生命、身体、名誉を侵害した場合、主君が理由なく家臣のレーン(封)を没収した場合、外敵との内通など、広く誠実義務に違反すること。その後しだいに重罪をさすようになり、イギリスでは、コモン・ロー上、謀殺、故殺、夜盗、住居侵入、窃盗(せっとう)、重婚、強姦(ごうかん)などが重罪とされた。財産の没収を伴う罪で、もともとフェロニーに対する刑はすべて死刑であり、証人も弁護人も許されなかったが、1702年から証人が、1837年から弁護人が認められ、1870年に財産没収が廃止された。1967年には重罪と軽罪の区別も廃止された。アメリカでは州により異なり、重罪は、死刑または州刑務所への拘禁(こうきん)、あるいは、死刑または重労働拘禁で処罰される罪としている。[佐藤篤士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェロニーの関連キーワード恩給郡県制封建社会傭兵主従封建主義封建制封建的藩制封建制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェロニーの関連情報