フォルム

  • forum
  • forum ラテン語
  • 〈フランス〉forme

世界大百科事典 第2版の解説

古代ローマ都市の公共広場で,ギリシア都市のアゴラと機能は同じ。つまり,商業活動,政治・司法集会,宗教儀式,その他の社会活動が行われるオープン・スペースであり,市民生活の上で最も重要な都市施設であった。ただしアゴラと異なるのは,都市化の進展とともに,矩形に整備された空間となり,その周囲に列柱廊をめぐらせる例が多い。そして,都市の守護神殿,マケルムmacellumのごとき恒常的商業施設,政治活動の場としてのコミティウムcomitiumやクリア(元老院),バシリカなどがその周囲に配された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原義は公共広場、市場の意で、古代ローマ都市の中心部を形どった公的空間。古代ギリシアのアゴラに相当する。フォルムには、神殿、バシリカ、クーリア(元老院)、コロネード(列柱廊)、商取引の施設が建ち並び、政治社会、宗教儀式、商業活動など市民生活のもっとも重要な場所であった。ギリシアのアゴラは地形を利用して自然発生的に形成されたが、ローマでは共和政末期から都市化が進むにつれて、フォルムは長方形の空間に整備され、神殿を中心に都市の主要建築が並び、これをコロネードで囲んでいた例が多い。このような形式のフォルムは、帝政時代の北アフリカのローマ都市に多くみられる。ローマの四つの丘に囲まれたフォロ・ロマーノ(古代名フォルム・ロマヌム)は、ローマ時代最古の遺構として知られる。

[前田正明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (forme)
① 造形芸術で一つの空間を形づくる視覚的要素の一つ。形。形態。
※忘却の河(1963)〈福永武彦〉五「鋭い直線的なフォルムによって包容された豊かな深い色彩」
② 美的対象の感覚的・実在的な現象としての側面。内容の対立概念としていわれる形式。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕
③ =フォーム
※寝園(1930‐32)〈横光利一〉「ピストルの射場へ来ると〈略〉なかなか高もフォルムだけは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のフォルムの言及

【市】より

…互酬と再分配を経済活動の基本構造としている社会においても祭礼や儀式と結びついた市があり,それは政治活動の場でもあった。そのような市として古代ギリシア・ローマのポリスのアゴラやフォルムforumがあり,奴隷,家畜,衣服,金銀細工品その他の取引が行われた。エンポリウムemporiumも同様の機能をもっていた。…

【市場】より

…他方,エンポロスemporosとよばれる海外からの商人もアテナイの支配層の庇護(ひご)と制限のもとにアゴラで貿易にたずさわった。また古代ローマの都市の中央にあった大広場はフォルムforumとよばれ,財の売買のほか,裁判や市民集会の場としても機能した。このように市場は,政治,文化,社会から独立ではなく,これらに庇護され,これらの状況のなかに組み込まれた制度であった。…

【広場】より

… 読者の広場とかコミュニティひろばとかいわれるように,広場はコミュニケーションのチャンネルとしての意味ももつ。古代ローマの広場をさすフォルムforumが公開討論会を意味するのも同じである。人々に開かれ何がしかの相互交流が図られる場が広場なのである。…

【ローマ美術】より

…列柱道路の歩道上には屋根がかけられていた。シビック・センターをなすフォルムは中央に置かれる。フォルムは周囲にコロネード(列柱廊)をめぐらした石敷きの広場で周囲に市政府関係の建物や神殿,バシリカ(市民ホール)などがあり,付近には市場や公衆便所その他の必要な公共施設が造られる。…

※「フォルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フォルムの関連情報