コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フキ(蕗) フキPetasites japonicus; butterbur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フキ(蕗)
フキ
Petasites japonicus; butterbur

キク科の多年草。アジア東部の温帯に分布する。日本各地の暖地の山地や路傍に生える。横に長く伸びる地下茎の先に葉を出す。葉は長く太い多肉質の葉柄をもち,葉身は大型の腎円形で灰白色の綿毛をかぶる。早春に,多数の鱗状の包葉をつけた花茎を出し,先端に散房状に頭花をつける。雌雄異株で,雌株では花後に花茎が伸び 30cm以上になる。雄株の頭花は黄白色,雌株の頭花は白色で,ともに冠毛をもつ。果実は小型の痩果。古くから山菜とし,また栽培もされる。食用とされるのは若い花茎と葉柄で,花茎は特に「ふきのとう」ともいわれ,鎮咳剤ともされる。北海道と東北に生じるアキタブキ P. japonicus var. giganteusは大型で,葉柄の長さは 2mにも達する。食用に栽培する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フキ【フキ(蕗) Japanese butterbur】

花序や花茎あるいは葉柄を食用にするキク科の多年草(イラスト)。野生種は北はサハリン,北海道から南は四国,九州まで広く自生し,朝鮮半島,中国にも分布している。日本原産の野菜として古くから栽培され,自生しているものも採取,利用されてきた。雌雄異株で地下に横走する根茎を有し,この根茎から出る葉は30cmから,アキタブキの大きなものでは2mに達する葉柄と円心形の葉身からなる。花は早春に葉の展開に先だってあらわれ,短い直立した茎の頂部に散房状に筒状花のみからなる頭花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフキ(蕗)の言及

【山菜】より

…ふつう草本を主体として木本植物やシダ類の一部を含めるが,より広く菌類や藻類を包含させることもあり,山菜と呼ぶ植物の範囲は一定しない。また,アザミのように平安期には栽培されていたが,今ではまったく野草にもどってしまったものや,セリやフキのように栽培→野生→栽培という歴史をもつものもある。現在セリ,フキ,ウド,ワラビ,アシタバ,タラの芽などは栽培に移されて量産が進み,とくにワラビは促成・抑制栽培が確立されている。…

※「フキ(蕗)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フキ(蕗)の関連キーワード花序

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android