コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタリシズカ

百科事典マイペディアの解説

フタリシズカ

センリョウ科の多年草。日本全土,東アジア山野林中にはえる。茎は直立し,高さ30cm内外,上部に接近して4枚の楕円形の葉を対生する。4〜5月,茎頂にふつう2本の花穂を直立し,白色で花被のない花を開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタリシズカ
ふたりしずか / 二人静
[学]Chloranthus serratus (Thunb.) Roem. et Schult.

センリョウ科の多年草。葉は単葉で対生し、多くは2対。小さな托葉(たくよう)がある。5月、2本または3本の花穂を頂生し、白色の両性花を開く。花被(かひ)はない。雄しべは3本、太くて短く白色、下部は合生し、基部は子房の背面に合着する。雌しべは雄しべに包まれる。夏、閉鎖花をつける。果実は球形で淡緑色。湿った林床に生え、日本、および中国南部に分布する。[大森雄治]

文化史

『広益地錦抄(こうえきちきんしょう)』(1719)の及已(ぎゅうい)(図によればヒトリシズカ)の項に、「又一種あり形状同し事して高さ二尺程にのび立なり」と記載があるのは、フタリシズカと考えられる。『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』(1713)には、ヒトリシズカの別名吉野静(よしのしず)と対照させて二人静(ふたりしずか)の名があげられ、2本の花穂が相並び艶美なので、謡歌にある静女(しずめ)(源義経(よしつね)の妾(しょう)、静御前(しずかごぜん))の幽霊が2人となって舞い遊ぶ姿に例えて、二人静と名づけられたと記述されている。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフタリシズカの言及

【ヒトリシズカ】より

…日本には,中国原産で常緑低木のチャランが栽培される。低山地林床に多いフタリシズカC.serratus (Thunb.) Roem.et Schult.(イラスト)は上部の2対の葉の節間がやや開き,花糸の先は糸状に伸びない。普通は2本の穂状花序をもつ。…

※「フタリシズカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

フタリシズカの関連キーワードセンリョウ科早乙女花及己狐草

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android