コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラメンコ flamenco

翻訳|flamenco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラメンコ
flamenco

スペイン,アンダルシア地方(→アンダルシア自治州)で 14世紀頃から発達したロマ(→ロム起源民族舞踊の総称。正式には,舞踊についてはバイレ・フラメンコ,歌についてはカンテ・フラメンコという。語源については諸説あるが,炎 flameの隠語で,「粋な」「派手な」を意味したことばが,ムーア人(ベルベル人)に流れをくむといわれるロマの舞踊やその音楽に用いられたとする,ガルシア・マトスの説が有力である。広く踊られる曲種にはアレグリアス,ブレリアス,カーニャス,ファンダンゴ,マラゲニャス,マルティネテス,ルンバ・ヒターナ,サエタス,セビリャナス,シギリヤス,ソレアレスなどがある。カンテ(歌)にもバイレ(舞踊)にも伴奏にはギター演奏(トケ)が用いられる。踊り手は伝統的な形式を守りながらも,自由に即興的に踊るのが特徴。純粋なフラメンコではカスタネットは使わず,指を鳴らしたり,手拍子(パルマ)をとったり,足を踏み鳴らす技法(→サパテアド)が用いられる。(→スペイン音楽スペイン舞踊

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フラメンコ(〈スペイン〉flamenco)

スペイン南部、アンダルシア地方のジプシーロマ)起源の音楽および舞踊。ふつう歌い手とギター奏者一人ずつからなり、踊りは手を打ち足を踏み鳴らす激しい動きが特徴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フラメンコ

スペインのアンダルシア地方の音楽と舞踊。歌をカンテ・フラメンコ,踊りをバイレ・フラメンコと呼ぶ。ジプシーに由来するといわれ,ギターを伴奏にし(トケ),手やカスタネットをたたきながら足を踏み鳴らして踊る。
→関連項目アマヤギター三角帽子パコ・デ・ルシアファンダンゴ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フラメンコ【flamenco[スペイン]】

南スペイン,アンダルシア地方のジプシーの間で発達した音楽,舞踊。語源は明らかでない。flamencoは標準スペイン語で〈フランドルの〉を意味する形容詞だが,それとは関係なく,アンダルシアの俗語で〈はでな〉〈だてに気取った〉などの意味をもつflameanteという言葉に由来するという説が,一応うなずける。フラメンコの骨子はあくまで南スペインに古くから伝わっていた民俗音楽および舞踊で,ジプシーはそれに彼ら固有の流儀による味付けを施しながら発展させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フラメンコ【flamenco】

スペイン南部のアンダルシア地方で、ロマ(従来、ジプシーと呼ばれてきた少数民族)によって伝えられている芸能。歌(カンテ)、舞踏(バイレ)、伴奏(ギター)の三要素が一体となったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラメンコ
ふらめんこ
flamenco

スペイン南部のアンダルシア地方の民俗舞踊と音楽の一形態。おもに同地方南部のロマ(かつてはジプシーとよばれた)により発展、継承されてきた。今日的なフラメンコの基礎が固められたのは、ロマの同地方定住がいちおう完了した18世紀のことである。
 フラメンコは、舞踊のバイレ・フラメンコbaile f.と歌謡のカンテ・フラメンコcante f.、ギター・ソロのトケtoqueからなる。本来は、踊り手1人(または男女1組)、歌い手1人、ギター奏者1人で演奏されたが、近年ではさまざまな演奏形態がみられる。
 カンテ・フラメンコの多くの曲種を、その性格から便宜的に分類すると次の5種になる。
(1)深遠で重い内容のカンテ・ホンドまたはカンテ・グランデ(ポロ、ソレアレス、シギリーリャなど)。
(2)陽気で軽快、大半が踊りを伴うカンテ・チコ(アレグリアス、ブレリアス、ファンダンギーリャなど)。
(3)上の二つの中間的存在であるカンテ・インテルメディオ(ティエント、マラゲーニャ、ペテネラなど)。
(4)カンタオール(歌い手)がフラメンコ以外のアンダルシア民謡などを自己のレパートリーに加えたもの(ミロンガ、ビト、タンギーリョ、ビリャンシーコなど)。
(5)宗教性の強いサエタ。このほかに、ソレアレス・ポル・ブレリアスなどのように、二つの曲種を結合した形式もある。[アルバレス・ホセ]
『浜田滋郎著『フラメンコの歴史』(1983・晶文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフラメンコの言及

【足∥肢】より

…発育を抑えられた足で歩くには臀部以下の下肢の安定を求める揺動が必要で,それが当時の女性美の基準にかなっていた。 足が主役を果たす踊りに,コサック・ダンスやタップ・ダンス,フラメンコなどがある。コサック・ダンスやタップ・ダンスでは全身が上下に舞うのに対し,フラメンコの足踏み(サパティアード)では腰から上はほとんど上下に動かない。…

【ジプシー音楽】より

…前者は,貧しい生活や不幸な運命を嘆く悲しみの歌であり,後者は,指を鳴らしたり,唇を震わせて音を出したりという独特のリズム伴奏を伴った,肉体の躍動する,官能的陶酔の喜悦の歌である。 ここに表現されている喜びと悲しみの感情の鋭い対照は,どの国のジプシー音楽にも共通するもので,特にその情熱の緊迫した表現という点では,スペインのフラメンコが有名である。フラメンコは,南スペイン,アンダルシア地方の民謡を母体としたジプシーの歌(カンテ・フラメンコ),踊り(バイレ・フラメンコ),ギター音楽(トケ)の総称である。…

【スペイン音楽】より

…とくにラ・マンチャのセギディーリャはスペイン舞曲の典型として,マドリードに発生したボレロやアンダルシアのセビリャーナスsevillanasを生む母体ともなった重要なものである。そして,こんにちスペインの民俗芸能を代表するものとなったアンダルシアのフラメンコがある。これはほぼ16~17世紀以来,南スペインに定住したジプシーがおもにはぐくんだものであるが,その音楽および舞踊は,明らかにアンダルシア古来のものに根ざしている。…

【スペイン舞踊】より

…スペインは,舞踊のさかんなことにかけてはヨーロッパでも指折りの国である。ボレロセギディーリャホタファンダンゴ,各種フラメンコ舞踊など世界的に知られる踊りも少なくない。なかでも著名なのはフラメンコだが,これがスペイン舞踊のすべてであるように思うのは誤解で,この国にはより古い歴史をもつ古典舞踊や,それぞれ固有の風土を背景とした多様な民俗舞踊の流れも存在する。…

※「フラメンコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フラメンコの関連キーワードフラメンコ・ギター[flamenco guitar]インファンテ:セヴィジャーナ/piano soloナイロン弦[nylon string]カスタネット[castanets]フラメンコ[flamenco]トリニ アルヴァラードスペイン国立バレエ団R.S. アントニオペドロ イトゥラルデラファエル アマルゴアドリアン ガリアディエゴ カラスコV. エスクデロフラメンコギタークラシカル・ガスC. モントヤマリア パヘスサパテアードマラゲーニャ合田ケイ子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フラメンコの関連情報