コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラ フラFulla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラ
Fulla

北欧神話の豊穣の女神。オーディンの妃フリッグの妹とも,最も信頼の厚い侍女ともいわれ,その宝石箱や履物の保管を託されていたという。黄金の実りを象徴すると思われる豊かに波打つ金髪の持主とされ,別名をボラとも呼ばれた。

フラ
hula

ハワイ諸島民族舞踊。本来はハワイの先住民ポリネシア系カナカ族が宗教的な儀式の際に演じたもので,レイ(花輪)やクジラの骨や歯でつくられたブレスレットアンクレットをつけ,女性はパウと呼ばれる短いスカートを,男性はマロと呼ばれるタパ下帯を着けて,手と腰をくねらせながら踊っていた。1820年にハワイに入ったアメリカ合衆国ニューイングランド宣教師が,不道徳だとしてパウを丈の長いホロクに変更させた。同時に,西洋から持ち込まれた音楽の影響も受け,変化していった。今日のフラには現代的なフラ・アウアナと古典形式のフラ・カヒコがあり,前者は音楽にウクレレハワイアン・ギターを使うが,後者はイプ(ひょうたん)やイリイリ(石製カスタネット),パフ(ヤシの木の幹とサメの皮でつくられた太鼓)を用いる。かつてハワイでは,詠唱であるメレと舞踊のフラが教養の一つになっていた。近年はハワイアン音楽の流行や観光資源としての発展を経て,フラダンスと呼ばれることも多くなり,元来の性格を失い,通俗化している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

フラ

信仰や自然の偉大さ、歴史などを後世に伝えるため、米・ハワイで踊り継がれてきた。腕の形でヤシの木や月、ウクレレを示すなど、手話とも似ている。「文字を持たなかった民族究極の表現没とも言われている。

(2009-05-30 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フラ

ハワイ諸島の舞踊とその音楽。胸部を固定し,優雅で曲線的な動きで歌詞の内容を表現して踊る。音楽は宗教的な詠唱(チャント)からポピュラーなハワイアン・ミュージックまで幅広い。
→関連項目ハワイ王国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フラ【hula】

ハワイ諸島の伝統的な踊りとその音楽。起源は非常に古く,初めは宗教儀式として,神殿で男性だけが踊っていたが,やがて女性にも許され,1778年にJ.クックがハワイに来たころには,女性による優雅なフラの踊りの型が完成していた。古典フラは大きく分けて2種あり,太鼓の伴奏で踊る宗教的なフラ・パフhula pahuと,イプ(ひょうたん)の伴奏で踊る語り物的なフラ・アーラアパパhula ‘āla‘apapaであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フラ【hula】

ハワイの民族舞踊。各動作に意味をもたせ、物語を表現する。古典形式のフラ-カヒコ、新形式のフラ-アウアナがある。フラ-ダンス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のフラの言及

【ハワイ[州]】より

…【正井 泰夫】
[伝統音楽]
 ハワイ伝統文化において音楽が文芸,舞踊と結合した形で行われてきた点では他のポリネシア諸島と共通しているが,ポリネシアの中では例外的に楽器の種類が多い。ヤシの丸太をくりぬきサメ皮を張った片面太鼓パフpahu,ヤシ殻に魚皮を張り膝に結びつける片面太鼓プーニウpūniu,巨大なひょうたんをマットの上で搗奏したり,指や手のひらで打奏するイプipuなどは舞踊フラhulaの伴奏楽器として基本的である。おもに踊手自身が採物として手に持つ音具としては,2本の硬い木片を打ち合わせるカラアウkala’au,小さなひょうたんやヤシ殻の中に小石,種子を入れた羽毛飾つきがらがらとしてのウリーウリーulī’ulī,竹筒を櫛のように細く裂いたささら竹を身体に打ちつけるプーイリpū’ili,2対の平らな石を両手に持ってカスタネットのように打ち合わせるイリイリ’ili’iliがそれぞれ特有の音色により変化に富んだ音響世界をつくり出す。…

【オセアニア】より

…この3区分はそれぞれ地史的な背景をもつ。(1)オーストラリアとその東岸の大堡礁(グレート・バリア・リーフ)や北側のアラフラ海域を含めた広いサフール陸棚地域などは,古い先カンブリア時代の楯状地を境にし,主として先カンブリア時代~古生代の地殻変動を通じて成長してきた地域である。中生代終りごろにこの陸塊はゴンドワナ大陸から分離したあと,海洋底の拡大等の運動に伴って現在のような形や構造をとることになった。…

【ハワイ[州]】より

…【正井 泰夫】
[伝統音楽]
 ハワイ伝統文化において音楽が文芸,舞踊と結合した形で行われてきた点では他のポリネシア諸島と共通しているが,ポリネシアの中では例外的に楽器の種類が多い。ヤシの丸太をくりぬきサメ皮を張った片面太鼓パフpahu,ヤシ殻に魚皮を張り膝に結びつける片面太鼓プーニウpūniu,巨大なひょうたんをマットの上で搗奏したり,指や手のひらで打奏するイプipuなどは舞踊フラhulaの伴奏楽器として基本的である。おもに踊手自身が採物として手に持つ音具としては,2本の硬い木片を打ち合わせるカラアウkala’au,小さなひょうたんやヤシ殻の中に小石,種子を入れた羽毛飾つきがらがらとしてのウリーウリーulī’ulī,竹筒を櫛のように細く裂いたささら竹を身体に打ちつけるプーイリpū’ili,2対の平らな石を両手に持ってカスタネットのように打ち合わせるイリイリ’ili’iliがそれぞれ特有の音色により変化に富んだ音響世界をつくり出す。…

※「フラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フラの関連キーワードセコンド/アーサー・ハミルトンからトニー・ウィルソンへの転進オングストロームスケールフランクフルトソーセージ熊本県宇城市三角町戸馳フライキャスティングフランチェスカッティジョルジュ ツィフラフランチャイジング神官[古代ローマ]フランチャイズ組織フランチャビージョフランチャイザーフラボタンパク質アルドフラノースフランチャイジーケンタッキー州フラカストーロフラビン蛋白質フラビン補酵素フランチャイズ

フラの関連情報