フリュギア(英語表記)Phrygia

翻訳|Phrygia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリュギア
Phrygia

小アジア中西部,ハリュス川西方の標高約 1000mの広大な高原地帯。前 1100年頃トラキアから移住したとされるフリュギア人 (フリュゲス) によってこの地名が生れた。彼らは「海の民」とともにヒッタイト帝国を倒し,ハリュス川西方の大部分を占領,諸部族の連合体 (ムシュキ) のもとに交易に従事した。前7世紀キンメリア人の侵入とリュディア王国の成立まで独立を保った。首都はゴルディオン。有名な王にミダス (在位前 730~700頃) がいる。前 278年頃ケルト人がこの地に侵入して以来ガラテアと呼ばれた。前 133年ローマがベルガモン王国を継いだ際,この地は属州アシアに,前 25年には属州ガラテアに編入された。西部にはヒエラポリスコロサイ,ラオディケアの町々があり,新約聖書によれば早くからキリスト教が普及し,使徒パウロも伝道の途中この地を通過している。フリュギア人は金属細工,木工芸にすぐれていた。また宗教はキュベレと呼ばれる大地母神の崇拝を中心とし,これはギリシア・ローマ世界に広く流布した。磨崖の墳墓や神殿が発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フリュギア

古代小アジア北西部の地方名。前2千年紀末に印欧語族のフリュギア人が侵入して王国を建てた。王都ゴルディオン。前6世紀リュディア王国が征服。アレクサンドロス大王,セレウコス朝シリアの支配を経て,前3世紀にはケルト人が侵入して東半部にガラテイアGalateiaの名を残した。のちローマ領。ここで盛んだったレアキュベレなどの地母神に対する熱狂的信仰はギリシア,ローマに影響を与えた。
→関連項目フリュギア語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フリュギア【Phrygia】

小アジア北西部およびこれに連なる中央部の高原地帯を指す古代の地域名。前11世紀ころ,インド・ヨーロッパ語系のフリュギア人が,アッシリア王ティグラトピレセル1世との抗争を経てこの地に定住した。前8世紀末,ミダス王のもとで最盛期を迎える。土地は王や貴族,神殿に属し,農耕,牧畜,毛織物業などが営まれた。しかし前695年にキンメリア人の侵入を受けて王都ゴルディオンも陥落し,以後小国に分裂して,フリュギア人自身の国家はつくられなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフリュギアの言及

【フリュギア語】より

…プリュギア語,フリギア語ともいう。古代のフリュギアの地から出土している資料は2層に分かれる。その古層は前8~前6世紀ころのもので25の短い碑文,新層はローマ時代(紀元後の数世紀)のもので約100の碑文からなり,ともにギリシア文字を使用している。…

※「フリュギア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android