コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリュギア フリュギア Phrygia

翻訳|Phrygia

3件 の用語解説(フリュギアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリュギア
フリュギア
Phrygia

小アジア中西部,ハリュス川西方の標高約 1000mの広大な高原地帯。前 1100年頃トラキアから移住したとされるフリュギア人 (フリュゲス) によってこの地名が生れた。彼らは「海の民」とともにヒッタイト帝国を倒し,ハリュス川西方の大部分を占領,諸部族の連合体 (ムシュキ) のもとに交易に従事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フリュギア

古代小アジア北西部の地方名。前2千年紀末に印欧語族のフリュギア人が侵入して王国を建てた。王都ゴルディオン。前6世紀リュディア王国が征服。アレクサンドロス大王セレウコス朝シリアの支配を経て,前3世紀にはケルト人が侵入して東半部にガラテイアGalateiaの名を残した。
→関連項目フリュギア語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フリュギア【Phrygia】

小アジア北西部およびこれに連なる中央部の高原地帯を指す古代の地域名。前11世紀ころ,インドヨーロッパ語系のフリュギア人が,アッシリア王ティグラトピレセル1世との抗争を経てこの地に定住した。前8世紀末,ミダス王のもとで最盛期を迎える。土地は王や貴族,神殿に属し,農耕,牧畜,毛織物業などが営まれた。しかし前695年にキンメリア人の侵入を受けて王都ゴルディオンも陥落し,以後小国に分裂して,フリュギア人自身の国家はつくられなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフリュギアの言及

【フリュギア語】より

…プリュギア語,フリギア語ともいう。古代のフリュギアの地から出土している資料は2層に分かれる。その古層は前8~前6世紀ころのもので25の短い碑文,新層はローマ時代(紀元後の数世紀)のもので約100の碑文からなり,ともにギリシア文字を使用している。…

※「フリュギア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フリュギアの関連キーワードイッソスの戦い上川盆地中央アジア汎アジア主義フリージア諸島我孫子小アジアアジアンポップスチュルク語トロイ(小アジア)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone