コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレネル フレネルFresnel, Augustin-Jean

6件 の用語解説(フレネルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレネル
フレネル
Fresnel, Augustin-Jean

[生]1788.5.10. ブロイ
[没]1827.7.14. ビルダブレ
フランス物理学者。政府の土木技師。1815年トマス・ヤングとは別個に光の波動説を唱え,光の回折干渉の現象を論じた。この時点では光を縦波としてとらえていたが,のちに偏光現象を説明するために横波説の立場から数学的な光学理論を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フレネル(Augustin Jean Fresnel)

[1788~1827]フランスの物理学者。光の波動説を主張した同時代の英国の科学者T=ヤングとは独立に光の波動説を確認し、光の直進・回折干渉を波として説明した。細かい同心円で構成したフレネルレンズを発明。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フレネル

フランスの物理学者。エコール・ポリテクニクを出て政府の土木技師となる。T.ヤングと独立に波の干渉の概念を導入して光の回折,直進を説明し,光の波動説を確立。光学現象に対する地球の運動の影響を研究,光の媒質としてのエーテルを仮定した。
→関連項目アラゴー干渉縞結晶光学ホイヘンスの原理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フレネル【Augustin Jean Fresnel】

1788‐1827
フランスの物理学者。ノルマンディーのブローイの生れ。技術者になることを希望し,1804年パリにあるエコール・ポリテクニクに入り,09年にはエーコル・デ・ポンセショゼに入学,卒業後は土木技師となる。熱心な王政復古派であったため,ナポレオンエルバ島からの帰還に際して職を追われたが,このときD.F.J.アラゴーの勧めもあってその閑暇を光学の研究にあて,回折の実験に取り組んだ。ナポレオンの失脚後は土木技師に復帰,19年には灯台監督官に任命され,光学をはじめフレネルレンズの利用による灯台の改良などに業績を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フレネル【Augustin Jean Fresnel】

1788~1827) フランスの物理学者。ヤングとは独立に光の波動説を提唱、厳密な数学的説明を与えて波動光学の基礎を確立。さらに複屈折の考察から光を横波とし、結晶内部での光の伝播の理論を築いて弾性波動論の発展を促し、光の媒質についても不動エーテル仮定や随伴係数を導入するなど、一九世紀の光学の展開を方向づけた。また、平行光線を送れるフレネル-レンズを考案、灯台でのレンズ利用に道を開いた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレネル
ふれねる
Augustin Jean Fresnel
(1788―1827)

フランスの物理学者。ノルマンディーのブロリーに生まれる。1800年にカーン中央学校に入学、1804年にはパリの理工科大学校(エコール・ポリテクニク)で土木工学(シビル・エンジニアリング)を学び、橋梁(きょうりょう)築堤学校を経て、政府の技師となった。1814年のナポレオンの百日天下の動乱のころから光学の研究を始めた。1818年にはアラゴの助力でパリでの勤務となり、その後6年間に多くの科学的成果を生み出した。灯台監督官に任命されたほか、1823年にはフランス科学アカデミーの会員に選ばれ、1827年にはイギリスの王立協会からランフォード・メダルを授与された。
 フレネルを有名にした業績は光の波動論の形成である。18世紀末ごろの光学は、ニュートン力学の普及と相まって、光の粒子説(放射説)が主流であった。しかし、19世紀に入ると、結晶などの鉱物の光学的性質が詳しく研究され始め、光学理論の再体系化が図られるようになった。1815年にフレネルは「光の回折について」と題する論文で、T・ヤングとは独立に、粒子説の批判を行った。一方、科学アカデミーは、粒子説を支持する立場で、未解決の回折現象の理論化を1817年の数理部門の懸賞問題として取り上げた。フレネルは粒子説をとらず、ホイヘンスの素元波の概念、干渉の原理を用い、光の回折現象のみならず、光の直進性などの説明を試み、1818年に提出した。フレネルの光の波動論は、アカデミーの意図に反したが、実験に基づき、しかも数学的に論じたことから、翌1819年に賞が与えられた。フレネルは当初、音とのアナロジーから光を縦波だと考えていたが、偏光や複屈折についての実験から、横波と考えるようになった。この結果、光の波を伝える媒質(エーテル)の性質が研究対象となり、1824年にはエーテルの動力学的性質の基礎づけを行った。この説はコーシーに引き継がれ、光の弾性波動論として体系化された。[河村 豊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフレネルの言及

【光学】より

… この光の粒子説に疑問を投げかけたのはT.ヤングであり,彼は1800年に,〈ニュートンリング〉や薄膜による光の干渉は波動説によってのみ説明できることを示した。この波動説はフレネルらによって整備され,複屈折や偏光なども光を横波とすることによって説明できることがわかった。その後,マクスウェルは,みずからの電磁理論から,光が電磁波であることを予言し,H.R.ヘルツがそれを実験的に証明した。…

【光】より

…まず,19世紀の早々,T.ヤングは二つのスリットを用いた実験によって,光が干渉することを示し,光が波動であることを主張した。ヤングの考えはすぐには受け入れられなかったものの,やがてA.J.フレネルはヤングの干渉実験をホイヘンスの原理と結びつけて,回折は波面上のすべての点から出る波動の干渉によって生ずるものとし,この考えを推し進めることによって,波動説の基礎を確立した(1818)。彼の理論はホイヘンスの原理に数学的な証明を与え,光の直進,回折などの現象を波動説によって完全に説明するものであった。…

【複屈折】より

…方解石を通してものを見ると二重に見えるが,これは複屈折のためである。1669年E.バルトリヌスがこの現象の存在を公表し,彼自身を含めC.ホイヘンス,ニュートンらがその解明を試みたが,最終的にはA.J.フレネルが光を横波と考えればすべてがうまく説明できることを示した。 光に対して異方的な媒質中で波として同じ進行方向の光でも,その偏光の向き,すなわち光の電場の方向によって位相速度とエネルギーの伝わる方向とが異なる。…

※「フレネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

フレネルの関連キーワードサリエリ朋誠堂喜三二ねぶた祭対馬丸事件エルピーダメモリ対馬丸朝日新聞・全国自治体議会アンケートノーフォーク島の歴史井上伝裏松固禅

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フレネルの関連情報