コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フンデルトワッサー Hundertwasser, Friedensreich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フンデルトワッサー
Hundertwasser, Friedensreich

[生]1928.12.15. ウィーン
[没]2000.2.19. ニュージーランド沖船内
オーストリアの画家。本名 Friedrich Stowasser。ウィーン美術学校で学ぶ。 E.シーレ,P.クレーに影響を受けた。 1950年代初めは装飾性の強い抽象画を描いていたが,1953年から渦巻型が現れ,これが以後の特徴となる。 54年に超自動筆記の理論を考察し,シュルレアリスムのいう自動筆記をイメージの法則として方法化することを提唱。世紀末ウィーン美術の影響が大きいが,E.フックスらの幻想派とは一線を画している。 70年代はエコロジー (生態学) への関心で知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フンデルトワッサー

オーストリアの画家。本名フリードリヒ・シュトワッサーFriedrich Stowasser。ウィーン生れ。ウィーン美術学校を3ヵ月で中退し,ヨーロッパやアフリカを放浪。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

フンデルトワッサーの関連キーワードシュルレアリスムオーストリア山本 孝クリムトシーレ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android