ブチレン(英語表記)butylene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブチレン
butylene

(1) ブタンから水素原子2個を除いた2価の原子団 -C4H8- 。1,4-ブチレン,α-ブチレン,β-ブチレン,2,3-ブチレンの4種の異性体があるが,そのうち1,4-ブチレンのみはテトラメチレンという。 (2) 石油分解ガス中に含まれるガス状炭化水素。正式の化学名はブテン

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブチレン

化学式はC4H8。炭素数4の脂肪族鎖式不飽和炭化水素。ブテンともいい,3種類の構造異性体がある。常温・常圧下では気体だが,加圧または冷却によって比較的容易に液化する。反応性に富む。ナフサ分解プロセスのC4留分あるいは石油の接触分解の副産ガスC4留分などに存在し,これらから蒸留その他で分離される。用途はアルコール,ケトン有機酸などの含酸素化合物の合成,ブタジエンの製造など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブチレン【butylene】

炭素数4の脂肪族鎖式不飽和炭化水素(アルケン)で,ブテンbuteneともいい,3種類の構造異性体(2‐ブテンにはシス型とトランス型がある)がある。これらは,ナフサ分解プロセスのC4留分,あるいは石油の接触分解の副産ガスC4留分などに存在し,これらから蒸留その他の方法で分離される。アルコール,ケトン,有機酸などの含酸素化合物の合成,ブタジエンの製造などの用途がある。
[性質]
 常温・常圧下では気体であるが,加圧または冷却によって比較的容易に液化する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブチレン
ぶちれん
butylene

鎖状不飽和炭化水素の一種。一般にはブテンbuteneの名で知られる。1-ブテン(α-ブチレン)、2-ブテン(β-ブチレン)および2-メチルプロペン(イソブチレン)の3種の異性体がある。なお、2-ブテンにはシス形とトランス形の2種の幾何異性体がある。いずれも常温で特有の臭気のある可燃性の気体で、加圧下冷却により容易に液化する。これらは石油の分解産物から得られる。日本ではブタンとブチレンをあわせて年間約300万トン生産される。2-ブテンは2-ブタノールや、それを経由するメチルエチルケトンの製造に、また、1-および2-ブテンは、重合によりポリブテンの製造に利用される。また、ブタジエンとして各種の合成ゴム製造のために利用されている。2-メチルプロペン(イソブチレン)はメタクリル酸メチル、メタクリロニトリルの製造やブチルゴムの製造に利用される。[徳丸克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android