コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブドウスカシバ(葡萄透翅) ブドウスカシバParanthrene regalis

世界大百科事典 第2版の解説

ブドウスカシバ【ブドウスカシバ(葡萄透翅) Paranthrene regalis】

鱗翅目スカシバガ科の昆虫。翅の開張3~3.5cm。前翅は赤褐色後翅は外縁部と横脈上が赤褐色だが,翅の大部分が透明。腹部は黒地に橙黄色帯がある。5~6月に出現し,昼飛性で灯火には飛来しない。北海道から九州までと,朝鮮半島,中国東北部に分布する。幼虫はブドウ,エビヅルなどの新梢(しんしよう)や葉柄などに食入する。細い枝に潜入すると,その部分が膨れて虫こぶとなる。年1回の発生で,老熟幼虫で越冬し,翌春4月下旬ころ蛹化(ようか),約10日で羽化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のブドウスカシバ(葡萄透翅)の言及

【ガ(蛾)】より

…(1)幹や枝に食入するもの コウモリガ,ボクトウガ,スカシバガなど。ブドウの新梢や枝に入って虫こぶ状の膨らみをつくるブドウスカシバは,ブドウ園の重要害虫である。しかし,これの老熟幼虫の入った膨れた枝を剪定し,幼虫を取り出しブドウノムシとかエビヅルノムシと呼び,秋から春にかけて釣餌として市販している。…

※「ブドウスカシバ(葡萄透翅)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android