コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラウス ブラウス blouse

翻訳|blouse

6件 の用語解説(ブラウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラウス
ブラウス
blouse

服飾用語で,以下の4種をいう。 (1) 膝丈程度のゆるやかなスモック風の上っ張り。荒い麻布,綿布などでつくられ,ベルトをつけることもある。 (2) アメリカ軍の着用する通常軍装上衣。 (3) 女性,子供用のゆるやかなシャツ型の上衣。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブラウス(blouse)

上半身に着用する、ゆったりしたシャツ風の上着。特に、女性・子供用のもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブラウス

女性と子ども用の上衣。裾(すそ)をスカートの中に入れるタック・イン・ブラウスとスカートの上に出すオーバー・ブラウスがあり,デザインによって男性のワイシャツから変化したシャツ・ブラウスと女性の胴着から変化したものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブラウス【blouse】

スカートやズボン組み合わせて着用される女性や女児用のゆったりした短い上衣。裾をスカートやズボンの上に出して着るものをオーバー・ブラウスと呼んでいる。また西欧では農民,労働者,画学生などが着用する緩やかスモックをいう。起源としては中世の西欧で男女ともに着用していた,シュミーズ風のブリオーと呼ぶ短いチュニック風の上衣とみられている。19世紀の終りには,欧米の女性の間に,ハイネックでふくらんだ袖,刺繡(ししゆう)やレースフリルで飾った白絹,麻,綿製の短い丈のブラウスが,足首までの長いスカートと組み合わされて流行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブラウス【blouse】

上半身をおおう、ゆったりした衣服。表着としても中着としても用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラウス
ぶらうす
blouse

婦人・女児用の、腰丈、あるいはそれより長めのゆったりした上衣。襟、袖(そで)の有無ともにあるが、着方によって裾(すそ)をスカートやズボンの下に入れるタックイン(またはアンダー)、上に出して着るオーバー、その両方に着られるイン・オア・アウトなどに分けられる。今日的なブラウスの概念が確立したのは19世紀後半で、1860年赤シャツ隊を率いたイタリアの将軍ガリバルディが着用していたシャツ風の上衣が女性の人気を博し、76年にはイギリスにブラウスの呼称が出現、80年代の女性のテーラード・スーツの普及で、その上着の下に着るものとして定着するに至った。アメリカでは同形のものが、ウエストコートとして1870年代に現れている。今日では四季を通じて、普段着からスポーツ着、おしゃれ着、正装用などとして、幅広く用いられる実用的な衣服の一つとなっている。
 このほか、シャツやスモックに似た、ゆったりした仕事着のこともいう。膝(ひざ)までの長さがあり、腰でベルトを締めるのが普通。主としてヨーロッパの労働者が着るほか、画家や農夫が着用する。また、アメリカの軍隊の制服で、コートがわりに着るシングルの打合せの背広形のジャケットや、水兵の着るジャンパーをブラウスとよぶこともある。[田村芳子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブラウスの言及

【シャツ】より

…シャツの流行は色柄だけではなく衿型に多く見られ,衿型の変型を網羅すると,200種類以上が記録されるほどである。なお今日,日本では女性の着るゆったりしたシャツをブラウス,男性のシャツの影響を受けたものをシャツまたはシャツ・ブラウスと呼んでいる。【高山 能一】。…

※「ブラウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブラウスの関連キーワードコンビネーションセパレーツオーバースカート織るスリーピース編組ゴアスカート山スカートブルーマーズノーフォーク・ジャケット

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラウスの関連情報