コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラウントラウト ブラウントラウト brown trout

4件 の用語解説(ブラウントラウトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブラウン‐トラウト(brown trout)

サケ科の淡水魚ヨーロッパ原産。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブラウントラウト

サケ科の魚。原産地はヨーロッパ。シューベルトの《鱒》も本種。日本では昭和の初めに,米国からカワマスと混入して移植された。現在,中禅寺湖にかなりの数が生息する。形態はニジマスに似るが,体側に紅色の縦帯がなく,またカワマスのように背部の雲形斑紋もない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブラウントラウト【brown trout】

サケ目サケ科の淡水魚(イラスト)。原産地はヨーロッパで,ヨーロッパではきわめてふつうに見られ,シューベルトの《鱒(ます)》は本種を指す。日本へは昭和の初めにアメリカからカワマス卵を移殖する際に混入して入ったとされる。1936年奥多摩に移殖の記録がある。現在,中禅寺湖ではかなり生息する。形態はニジマス(イラスト)に似ているが,体側に紅色の縦帯がなく,カワマスのような背部の雲形斑紋がない。体側にカワマスよりも大きめの白点および赤点が,黒点に混じって存在するが,ときには赤点を消失したものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラウントラウト
ぶらうんとらうと
brown trout
[学]Salmo trutta

硬骨魚綱サケ目サケ科に属する魚。体色は黄褐色、体側に粗大な黒点と朱紅点が散在する。分布はヨーロッパの北部・中部の全域、黒海、カスピ海アラル海周辺から北アフリカにも及ぶ。地域による亜種が多い。一般に淡水生活型であるが、一方、降海・遡河(そか)型のシートラウトがあり、両者の関係はヤマメとサクラマスの関係に似る。南アメリカやタスマニア島に移殖されたブラウン型のものからシートラウトが現れることから、両型に本質的な差のないことがわかる。日本にはおもに北アメリカを経て移入され、中禅寺湖、上高地梓(あずさ)川沿いの池や山岳地帯の冷水湖に放され、小魚、水生昆虫を貪食(どんしょく)して大きく成長する。池中養殖はかなりむずかしい。野生的で釣りの対象としておもしろく、肉味は佳良である。[久保達郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラウントラウトの関連キーワードサケベニザケ岩魚河鱒裂け目琵琶鱒エソックスサケのふるさと館ギンザケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラウントラウトの関連情報