コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルゴーニュ楽派 ブルゴーニュがくは Burgundian school

5件 の用語解説(ブルゴーニュ楽派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルゴーニュ楽派
ブルゴーニュがくは
Burgundian school

15世紀にフランス北東部のブルゴーニュ公国に栄えた楽派。主要な作曲家としては G.デュファイ,G.バンショアがあげられる。 14世紀アルス・ノバの伝統を基礎に,イギリスフォブルドンの書法やイタリアの新しい感覚を取入れて,J.オケヘムジョスカン・デ・プレらのフランドル楽派を準備した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブルゴーニュ楽派【ブルゴーニュがくは】

15世紀前半,ブルゴーニュ公国の宮廷やその属領を中心に栄えた楽派,または活動した音楽家たちの総称。フランス中東部地方をさす現在の呼称とは異なり,当時のブルゴーニュバロア朝が治める公国で,最盛時のフィリップ・ル・ボンの治世(1419年−1467年)には広大な領土を有してヨーロッパ文化の中心地となり,音楽の分野がことに栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブルゴーニュがくは【ブルゴーニュ楽派 École de Bourgogne[フランス]】

アルス・ノバフランドル楽派を結ぶ15世紀前半の楽派。ときにフランドル楽派の第1期と呼ばれることもある。代表的な作曲家にはバンショアデュファイがいる。現在のブルゴーニュはディジョンを中心とするフランス東部地方を指すが,1363年から1477年まではバロア家が治める公国であった。なかでもフィリップ2世の治世(1419‐67)には,オランダベルギールクセンブルク,フランスの一部などを含む一大公国となっていたが,歴代君主が芸術を保護したので,公国は諸文化面とりわけ音楽分野でヨーロッパの中心的存在となり,多くの優れた音楽家を輩出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブルゴーニュがくは【ブルゴーニュ楽派】

一五世紀にブルゴーニュ公国の宮廷を中心に活躍した音楽家たちの総称。中世末期の様式から初期ルネサンスへの発展をうながす重要な役割を果たした。代表的作曲家はデュファイ・バンショワなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルゴーニュ楽派
ぶるごーにゅがくは
Burgundian school英語
burgundische Schuleドイツ語
cole de Bourgogneフランス語
scuola borgognonaイタリア語

15世紀に、ブルゴーニュ公国の宮廷およびその周辺で活躍した音楽家たちの総称。14世紀の後半に生まれ、15世紀の中葉過ぎまで存在したバロア系ブルゴーニュ公国は、15世紀のフィリップ2世の治世下(1419~67)に最盛期を迎え、政治的にも文化的にも当時のヨーロッパの中心的な勢力となったが、その宮廷ではバンショワをはじめとする優れた作曲家が活躍し、宮廷風の愛を歌った多声シャンソン典礼音楽を展開していった。ブルゴーニュの宮廷音楽は、その周辺の地域、たとえばフランスの宮廷、サボア公国の宮廷、北イタリア諸都市、それに司教都市カンブレの音楽に大きな影響を与え、そうした周辺の地域で活躍したデュファイなども、ブルゴーニュの宮廷音楽の影響を受けた音楽を書いていった。[今谷和徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブルゴーニュ楽派の言及

【音楽】より

…14世紀に芽生えたルネサンス的ないぶきは15世紀前半になってさらに強まる。ブルゴーニュ公国の宮廷やその広大な領土内で活躍した一群の作曲家をブルゴーニュ楽派というが,その代表者G.デュファイとG.バンショアは,J.ダンスタブルを中心とするイギリス音楽から大きな刺激を受け,ミサ曲やフランス語のシャンソンの分野で豊かな成果を生んだ。特に,古くからイギリス人が好んだ3度や6度の音程を採り入れ,その後西洋音楽の基礎となる3度和声を確立したことが重要である。…

【合唱】より

…14世紀ころまでのポリフォニー楽曲はむしろ重唱に近く,器楽も重用されており人間の声と器楽とは対等に扱われていた。 15世紀中ごろのブルゴーニュ楽派のバンショア,デュファイなどになると,〈コロcoro〉という指定がされており,今日的な意味での合唱スタイルはこのときに始められた。しかし器楽が声楽部と重複して奏されることが普通に行われ,声楽のみで演奏されることはむしろまれである。…

【シャンソン】より

…マショー以後,14世紀末から15世紀前半にかけての音楽家チコニアJohannes Ciconia(1335ころ‐1441),マテウス・デ・ペルージオMatheus de Perugio(?‐1418以前),コルディエBaude Cordierらの歌曲には,シンコペーションやポリリズムを多用した複雑な様式からいっそう単純化した様式への推移が見られる。 15世紀,G.デュファイ,G.バンショアに代表されるブルゴーニュ楽派の時代に入り,世俗歌曲の呼称としてようやく〈シャンソン〉の語が定着する。およそ70曲のデュファイのシャンソンはほとんどが3声で,最上声部優先の傾向は保持しつつ,下声部にも歌いやすい音型が与えられてほぼ全声部が対等に扱われ,抒情豊かな洗練された旋律が歌われるようになる。…

【フランス音楽】より


[ルネサンス]
 15世紀は,中ごろまで,フランス東部・北部よりフランドル地方までを領有したバロア公のブルゴーニュ公国から出た音楽家たちが,ヨーロッパ音楽の推進力となっていた。バンショア,デュファイの作品によって,このブルゴーニュ楽派は代表される。イギリスのダンスタブルの名なども,この楽派に加えることがある。…

【ポリフォニー】より

… 声楽ポリフォニーchoral polyphonyが最盛期を迎えたのは15~16世紀のルネサンス時代である。15世紀前半のブルゴーニュ楽派では,イギリスで古くから発展していた3度(当時はまだ不完全な協和音程と考えられ,曲の要所での使用が認められていなかった)の用法と,大陸の複雑な対位法とが融合され,3度と6度の即興的な平行進行からなるフォーブルドンfauxbourdon(フランス語)に代表されるような,流れるような歌唱的旋律と3和音的な響きの豊かさからなる新しいポリフォニーが生まれた。定旋律も従来は低声部に置かれて,楽曲全体を精神的にも構造的にも支配していたが,これが上声に移されることによってバスが自由になり,和音進行にも新たな可能性が生じた。…

【ルネサンス音楽】より

…しかし,一方ではとくに鍵盤音楽やリュート曲などを中心に,純粋な器楽の芽生えも1500年ころまでには見受けられるに至っている。 約200年にわたるルネサンス時代は大別してブルゴーニュ楽派の活躍を中心とした初期(1420‐80ころ),フランドル楽派の台頭から通模倣様式の完成に至る中期(1480‐1530),円熟期であるとともにマニエリスム的傾向がみられるようになる後期(1530‐1600ころ)に分けることができる。1400‐20年は中世からルネサンスへの過渡期とも考えられ,フランスを中心に中世理論に基づく最も複雑な音楽が作曲され続けた一方では,J.ダンスタブルによって代表されるイギリス楽派の手によって,より単純で響きのよい作品が生み出されていた。…

※「ブルゴーニュ楽派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブルゴーニュ楽派の関連キーワードオケゲムサンドニネーデルラント楽派フランドル楽派フランドル派バトルフランスアルス・ノバサン・マルシアル楽派聖マルシアル楽派フランコ・フランドル楽派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone