コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーギル ブルーギル Lepomis macrochirus; bluegill

5件 の用語解説(ブルーギルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルーギル
ブルーギル
Lepomis macrochirus; bluegill

スズキ目サンフィッシュ科の淡水魚。全長 25cmになる。体はやや延長し,側扁する。背鰭の棘条部と軟条部との間に膜のくぼみはない。体色は暗褐色で,鰓蓋の後端に濃紺ないし黒色の顕著な斑紋がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブルーギル(bluegill)

サンフィッシュ科の淡水魚。全長約20センチ。体形はタイに似て、灰褐色で、えらぶた後端が黒っぽい北アメリカ原産で、日本には昭和35年(1960)渡来。原産地では40センチに達する。ルアーフィッシングの対象。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブルーギル【bluegill】

スズキ目サンフィッシュ科の淡水魚(イラスト)。原産地は北アメリカ大陸南西部で,日本へ移殖され各地で繁殖している。名は雄のえらぶたにある青緑色の縞に由来する。日本へ移殖された同科のブラックバス(イラスト)より卵円形の体をしている。流れのある場所より湖沼などの止水を好む。エビ,昆虫類,小型の魚類など底生性の動物をおもに食べている。産卵期は地方によって異なるが,だいたい夏。産卵にあたって雄は水草のはえている砂れき地に浅い穴を掘り産卵床とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブルーギル【bluegill】

スズキ目の淡水魚。全長25センチメートル ほど。体は卵円形で側扁する。背は緑褐色で腹部は淡い。雄の鰓えらの後端が青黒く見える。肉食性で、釣りの対象魚。北アメリカ原産で、1960年に湖沼に移入され、その後分布が全国に広がり、在来種に深刻な影響を与えている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルーギル
ぶるーぎる
bluegill
[学]Lepomis macrochirus

硬骨魚綱スズキ目サンフィッシュ科に属する淡水魚。北アメリカ原産で、1960年(昭和35)にシカゴシェッド水族館から日本に導入された。ほかの小魚や魚卵を食害し生態系を乱すおそれのあるところから移植には慎重論が強かったが、近年急速に分布が拡大し、現在では関東地方以西の25府県で生息が報告されている。止水あるいは緩やかな流水を好み、大小の湖沼や河川の下流域に生息する。原産地では全長40センチメートル近いものも記録されているが、日本では20センチメートルどまりのものが多い。体色は灰褐色から褐色、体側に7~10本の体軸を横切る縞(しま)があるが、成長とともに不鮮明になる。雄は腹部に赤い婚姻色を現す。日本での産卵期は初夏、雄が浅い水底に直径50センチメートルほどのすり鉢状の産卵床を掘り、産卵後は仔魚(しぎょ)が泳ぎだすまで保護をする。各地でルアー釣りの対象となっている。[多紀保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーギルの関連キーワードブラックバスエソックスタイガーフィッシュバットフィッシュパプフィッシュムーンフィッシュランプフィッシュレインボーフィッシュナポレオンフィッシュシズ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルーギルの関連情報