コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーゲンビル[島] ブーゲンビル

2件 の用語解説(ブーゲンビル[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ブーゲンビル[島]【ブーゲンビル】

ソロモン諸島北部の島。パプア・ニューギニアに所属。山がちでバガナ,バルビ(2685m)等の活火山がある。銅,金,銀,ココナッツバナナカカオ等を産する。1768年に来航したフランスブーゲンビルにちなんで命名された。
→関連項目ソロモン諸島パプア・ニューギニアブーゲンビル紛争

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブーゲンビル[島]【Bougainville Island】

パプア・ニューギニア領の北ソロモン管区にある島。南西太平洋ソロモン諸島北西端に位置する。面積約9900km2,人口13万(周辺の島を含む。1990)。東岸に同管区の主都アラワArawaがある。火山島で,バルビ山(2743m。島の最高峰)とバガナ山(1999m)の二つの活火山をもつ。1768年に,フランス人ブーゲンビルが〈発見〉した。自然地理的,また文化的に島はソロモン諸島に属するが,同諸島の中・南部の島々がイギリス領を経てソロモン諸島国として独立したのに対し,同島はドイツ領であったため,オーストラリア信託統治領を経て現在にいたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブーゲンビル[島]の関連キーワードソロモン諸島南洋材ニューブリテン島パプアニューギニアブーゲンビル島ポートモレスビーメラネシアニューギニアパプアパプア亜区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone