コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーゲンビル ブーゲンビルBougainville, Louis-Antoine de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーゲンビル
Bougainville, Louis-Antoine de

[生]1729.11.11. パリ
[没]1811.8.31. パリ
フランスの航海者,軍人。1756年モンカルム侯の副官としてヌーベル・フランスカナダ)に出征,イギリス軍と戦った。その後海軍に入り,1764年フランスのために独力で,フォークランド諸島に植民地を建設。1766年から世界一周を命じられ,12月出帆。マゼラン海峡を経て南太平洋に入り,タヒチサモアニューヘブリディーズ諸島などを歴訪,1769年3月帰国。その記録は『世界周航記』Voyage autour du monde(1771)として出版された。その後アメリカ独立戦争に参加し,1790年ブレストの艦隊司令官に就任。ナポレオン時代元老院議員ならびに伯爵となった。ソロモン諸島ブーゲンビル島ニューヘブリディーズ諸島の同名の海峡,およびオシロイバナ科の植物ブーゲンビレアは彼の名にちなむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ブーゲンビル

フランスの航海者,数学者,軍人。1766年―1769年にフランス最初の世界周航を指揮した。ブーゲンビル島,植物のブーゲンビリアなどは彼の発見にちなんで命名された。
→関連項目ブーゲンビル[島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブーゲンビル【Louis Antoine de Bougainville】

1729‐1811
フランスの航海者,数学者,軍人。ブーガンビルとも記す。パリに生まれ,20代前半で数学者として名声を博し,ローヤル・ソサエティ(ロンドン王立協会)の会員となった。1756年にカナダへ行き,副官としてイギリスとの戦争に加わった。戦後は自費で南大西洋フォークランド諸島に入植地を建設したが,67年にスペイン譲り渡すことになり,この代償としてフランス初の太平洋探検隊の隊長のポストを得た。1766‐69年ブドゥーズ号でフランス人としては初の世界一周を果たした彼は,ソロモン諸島北西端の島とその南側の海峡にその名をとどめている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブーゲンビル【Louis Antoine de Bougainville】

1729~1811) フランスの航海者・軍人。1766~69年フランスの太平洋探検隊の隊長となって世界一周を果たし、海峡・島・植物などにその名を残す。著「世界周航記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーゲンビル
ぶーげんびる
Louis Antoine de Bougainville
(1729―1811)

フランスの航海者、軍人。パリ生まれ。1753年陸軍入隊。著書『積分法論』(二巻、1754~56)でロンドン王立協会の会員になる。56年カナダでフレンチアンドインディアン戦争に参加。63年海軍に移り、政府の依頼で南大西洋フォークランド諸島にフランス植民地を建設したが、のちにスペインの抗議で放棄。66~69年フランス初の世界周航を指揮、大洋州でタヒチ、サモア、ニュー・ヘブリデス、ニュー・ブリテンなどの島々を探検。16世紀にスペイン人メンダーニアが訪れたソロモン諸島の間を、それと気づかずに航行。同諸島中のブーゲンビル島と、植物ブーゲンビレアは彼の名にちなむ。71年出版の『世界周航記』は有名。79~82年アメリカ独立革命を支援、イギリス海軍と交戦。のちにナポレオン1世から元老院議員、伯爵に叙せられた。[越智道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブーゲンビルの関連キーワード小松基地騒音公害訴訟青森大の中国人による偽装留学問題エカチェリーナ小野蘭山軍機処経済録大山天一坊鳥居清信バーク

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブーゲンビルの関連情報