コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プエブラ Puebla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プエブラ
Puebla

メキシコ中部,プエブラ州州都。正式名称はプエブラデサラゴサ Puebla de Zaragoza。メキシコシティー東南東約 110km,メキシコ高原南東部のプエブラ盆地にあり,標高約 2160m。 1532年建設。メキシコシティーとメキシコ湾岸の主要港ベラクルスとの間に位置する戦略上の要地であったため,1847年にはアメリカ合衆国軍,1863~67年にはフランス軍により占領された。重要な農業・工業地帯の中心地で,農産物の集散,加工を行なうほか,伝統的な縞瑪瑙細工,タイル,綿織物,毛織物,ガラス,陶器などの生産で知られる。自動車,化学などの近代工業も発達。典型的なスペイン風の町で,縞瑪瑙,大理石,金などで内部を飾った大聖堂,金ぶきの礼拝堂をもつ聖ドミンゴ聖堂などの古い建築物が保存されており,旧市街が 1987年世界遺産の文化遺産に登録。プエブラ自治大学 (1937) がある。 1973年8月の地震により大きな被害を受けた。人口 105万 4921 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プエブラ(Puebla)

メキシコ中東部、プエブラ州の州都。植民地時代の大聖堂や教会が数多く見られ、タラベラという陶器の産地としても知られる。旧市街は、1987年、「プエブラ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

プエブラ

メキシコ中央部,同名州の州都。メキシコ市の東南東110km,ポポカテペトル火山東麓の高原(2200m)にある。伝統的な陶器,繊維,ガラスなどの産業のほかに,近年は機械,自動車産業が進出。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プエブラ【Puebla】

メキシコ中央部,同名州の州都。人口100万7170(1990)。マリンチェ火山(4461m)南西麓に広がるプエブラ河谷平野,標高2209mに位置する。年平均気温17.1℃,年降水量823mm。メキシコ市とベラクルス市とを結ぶ要衝の地で,1531年にフランシスコ会宣教団によって建設された。植民地時代を通じて経済,宗教の中心地で,付近のチョルラとは対照的にスペイン風の町となった。1862年5月5日,同市を占領したフランス軍を破ったサラゴサ将軍を記念し,旧名プエブラ・デ・アンヘル(〈天使の町〉の意)からプエブラ・デ・サラゴサに正式名称を改名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プエブラ
ぷえぶら
Puebla

メキシコ中南部、プエブラ州の州都。正称はプエブラ・デ・サラゴサPuebla de Zaragoza。メキシコ市の東南東130キロメートル、メキシコ中央高原の標高2160メートルに位置する。人口127万1673(2000)で、同国第4位。西方にポポカテペトル火山(5452メートル)がそびえ、「天国の町」との美称がある。1862年5月、フランス軍を撃破した地として有名で、16世紀に建設されたカテドラル、金色の装飾で知られるロサリオ礼拝堂、民芸博物館、プエブラ大学など植民地時代の文化財が多い。この歴史地区が1987年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。繊維、食品、自動車、化学工業が立地し、特産品にはサラペ・オニス(縞(しま)めのう)の彫刻品、タラベラとよばれる陶器などがある。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

プエブラの関連キーワードベネスティアーノ カランサG. ディアス・オルダスケレタロの歴史史跡地区イスタクシワトル[山]シトラルテペトル火山ポポカテペトル[山]イスタクシワトル火山ベラクルス古典文化イスタシワトル火山ディアス・オルダスアビラ・カマチョセルヒオ ピトルオリサバ[山]コモンフォルトメデリン会議アナワク高原ベラクルス州ミシュテカ語メキシコ遠征メキシコ州

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プエブラの関連情報