プリモ・デ・リベラ(英語表記)Primo de Rivera y Orbaneja, Miguel, Marqués de Estella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリモ・デ・リベラ
Primo de Rivera y Orbaneja, Miguel, Marqués de Estella

[生]1870.1.8. カディス
[没]1930.3.16. パリ
スペインの軍人独裁者。侯爵リベラ・イ・オルバネハとも呼ばれる。トレドで軍人教育を受けたのち,モロッコキューバ,フィリピンで軍務につき,アメリカ=スペイン戦争 (1898) にも従軍。カディスの軍事総督 (1915~17) ,バルセロナの軍事総督 (1922) も務めた。第1次世界大戦後のスペイン王制の危機に際し,カタルニャの保守勢力支持のもとに軍部を率い,1923年9月クーデターを起こして内閣打倒。国王アルフォンソ 13世の承認を得て国会解散,憲法停止を行ない軍事独裁を確立した。その後国内革を唱えたが成功せず,世界恐慌によってスペイン経済は大打撃を受け,1930年1月独裁政府は崩壊した。

プリモ・デ・リベラ
Primo de Rivera, José Antonio, Marqués de Estella

[生]1903.4.24. マドリード
[没]1936.11.20. アリカンテ
スペインの政治家。侯爵。 M.プリモ・デ・リベラの長男。右翼ファランヘ・エスパニョラ党を創立 (1933) 。 1933年国会議員になったが,36年には議席を失い,人民戦線政府によって逮捕され銃殺された。 F.フランコ勝利 (39) 後,遺骸は改葬され,44年遺稿集が出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プリモ・デ・リベラ

スペインの軍人,政治家。1923年カタルーニャ方面総司令官の時,当時のブルジョアの支持を得てクーデタを起こす。国王アルフォンソ13世がこれを承認し,議会を解散,憲法を停止し,軍事独裁が確立した。モロッコで起きた民族的反スペイン運動をフランスと共同して鎮圧。国家統制下,公共事業などに着手し景気回復に努めたが,在任後半に経済が破綻し,1930年1月,反体制運動の高揚で辞任。
→関連項目スペインファランヘ党

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android