コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリモ・デ・リベラ Primo de Rivera, José Antonio, Marqués de Estella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリモ・デ・リベラ
Primo de Rivera, José Antonio, Marqués de Estella

[生]1903.4.24. マドリード
[没]1936.11.20. アリカンテ
スペインの政治家。侯爵。 M.プリモ・デ・リベラの長男。右翼ファランヘ・エスパニョラ党を創立 (1933) 。 1933年国会議員になったが,36年には議席を失い,人民戦線政府によって逮捕され銃殺された。 F.フランコの勝利 (39) 後,遺骸は改葬され,44年遺稿集が出版された。

プリモ・デ・リベラ
Primo de Rivera y Orbaneja, Miguel, Marqués de Estella

[生]1870.1.8. カディス
[没]1930.3.16. パリ
スペインの軍人,独裁者。侯爵リベラ・イ・オルバネハとも呼ばれる。トレドで軍人教育を受けたのち,モロッコ,キューバ,フィリピンで軍務につき,アメリカ=スペイン戦争 (1898) にも従軍。カディスの軍事総督 (1915~17) ,バルセロナの軍事総督 (1922) も務めた。第1次世界大戦後のスペイン王制の危機に際し,カタルニャの保守勢力支持のもとに軍部を率い,1923年9月クーデターを起こして内閣を打倒。国王アルフォンソ 13世の承認を得て国会解散,憲法停止を行ない軍事独裁を確立した。その後国内改革を唱えたが成功せず,世界恐慌によってスペイン経済は大打撃を受け,1930年1月独裁政府は崩壊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プリモ・デ・リベラ

スペインの軍人,政治家。1923年カタルーニャ方面総司令官の時,当時のブルジョアの支持を得てクーデタを起こす。国王アルフォンソ13世がこれを承認し,議会を解散,憲法を停止し,軍事独裁が確立した。
→関連項目スペインファランヘ党

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

プリモ・デ・リベラの関連キーワードプリモ・デ・リベラ(José Antonio Primo de Rivera y Sáenz de Heredia)リベラ(José Antonio Primo de Rivera y Sáenz de Heredia)プリモ・デ・リベラ(Miguel Primo de Rivera y Orbaneja)リベラ(Miguel Primo de Rivera y Orbaneja)ミゲール・デ ウナムーノ・イ・フーゴウェイレル・イ・ニコラウマウラ・イ・モンタネルアルフォンソ(13世)ホセ カルボ・ソテロラルゴ・カバリェロスペイン社会労働党アルカラ・サモラマドリード大学カルボ・ソテロスペイン内戦ウナムーノスペイン史4月24日マラニョンアリカンテ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android