コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレイヤード 〈フランス〉Pléiade

百科事典マイペディアの解説

プレイヤード

フランスのルネサンス期にロンサールを中心に結成された詩派。デュ・ベレーが1549年に発表した《フランス語の擁護顕揚》を宣言書とし,ギリシア・ローマの古典に匹敵する自国の詩の創造を主張,新造語も試みる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プレイヤード【La Pléiade】

フランス,ルネサンス期の詩派。1540年代の末期,パリの学寮で人文学の研究,詩作を行い始めた若い学徒たちが,ロンサールを中心に詩の革新を志すグループ〈部隊(ラ・ブリガード)〉を形成したが,ロンサールはそのうち7名を選んで〈プレイヤード〉と名付けた。構成に変動はあるが,通常,彼のほかデュ・ベレーバイフジョデル,チヤール,ドラ,ベローの名があげられる。彼らの理論的宣言はデュ・ベレーの《フランス語の擁護と顕揚》(1549)によってなされ,ギリシア・ローマおよびイタリアの文芸作品を模範として国語による創作を試み,フランス語の表現力を充実することを説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のプレイヤードの言及

【デュ・ベレー】より

…1544年ポアティエに学び詩作に目覚め,46年盟友ロンサールと出あいその推薦によって翌年パリのコクレ学寮にはいる。49年散文の論説《フランス語の擁護と顕揚》を発表したが,これはのちに〈プレイヤード派〉と名付けられる,共通の新しい文芸理論を抱くグループの意見を代表するものであった。すなわち,フランス語は文学表現の手段として用いられて当然であるが,そのためには古代文芸,イタリア文学にならって内容を充実すべきであり,新語の導入,新詩型の移入,修辞の工夫等に努力を払いつつ誇りと自覚をもって創作をおこなうことを説く。…

【ロンサール】より

…フランスの詩人。〈プレイヤード〉詩派の中心人物。フランス中部バンドーム近傍の小貴族の家に生まれる。…

※「プレイヤード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プレイヤードの関連キーワードシャルル・バン レルベルグガリマール[会社]プレイアード詩派バン・レルベルグメーテルリンクJ. モレアス谷崎 潤一郎グレバンポーランモレアスレシ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プレイヤードの関連情報