ヘキスト[会社](読み)ヘキスト

百科事典マイペディア 「ヘキスト[会社]」の意味・わかりやすい解説

ヘキスト[会社]【ヘキスト】

第2次大戦前のドイツにおける世界的規模の化学工業会社イーゲー・ファルベンの後継会社の一つ。1863年設立,アニリン染料などを製造。1925年他の会社5社と合同してイーゲー・ファルベン社となる。1952年イーゲー・ファルベンの分割でヘキスト染料会社として再発足。1974年現社名に。積極的に事業を拡大し,医薬品,合成繊維,染料,プラスチック化学肥料農薬塗料などを生産。ドイツ化学工業の最大手の一つ。傘下にはダウケミカルの医薬品部門とフランスのルーセル社との合併で1995年に設立された新薬大手のヘキスト・マリオン・ルーセル社などがある。1999年12月フランス最大の医薬企業ローヌ・プーランと,バイオテクノロジー,医薬品部門を統合し,新会社アベンティスAventisをフランスのストラスブールに設立。医薬品分野で世界最大級の企業となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android