コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラクレイデス

百科事典マイペディアの解説

ヘラクレイデス

ギリシアの天文学者哲学者。ポントスに生まれ,プラトンアリストテレスに学ぶ。地球が自転し,水星と金星は太陽のまわりを回ることを示唆。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘラクレイデス
へらくれいです
Herakleides
(前388ころ―前315ころ)

古代ギリシアの天文学者。ポントスの出身で、プラトンとアリストテレスの門人。彼の宇宙体系は、24時間で地軸を中心に1回転している地球が宇宙の中心にあり、地球の周りを太陽、月、火星、木星、土星が回転し、金星と水星は太陽の周りを回転するというものであった。これは、地球・太陽中心説で16世紀にティコ・ブラーエが提唱した宇宙体系と類似しており、プトレマイオスが完成した周転円説の萌芽(ほうが)がみられるが、天体の不規則運動の説明には不十分であった。[平田 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘラクレイデスの関連キーワードアンティマコス[コロフォン]ヘラクレイデス[ポントスの]アリスタルコス[サモスの]ヒッポクラテスネストリウス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android