コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルクレス座 ヘルクレスざHercules

翻訳|Hercules

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルクレスざ【ヘルクレス座 Hercules】

略号はHer。初夏の北天にかかる大星座。プトレマイオスが定めた。星座の主体はH字形を描く星列で,ギリシア伝説の英雄ヘラクレスの姿を描く。ヘラクレスは大神ゼウスと人間の王女アルクメネの間に生まれ,アルゴス王エウリュステウスから命じられた12の難業をみごとに成し遂げた。そのなかのネメアのライオン(しし座),レルネのヒュドラ(うみへび座)も星座として残っている。α星ラス・アルゲティ(ひざまずく者の頭)は巨人の頭に相当し,3.5等,スペクトル型M5と5.4等,スペクトル型G5の角距離4.″9の二重星であり,β星コルネフォロス(棍棒をもつもの)は光度2.8等,スペクトル型G8で,周期410.575日の分光連星である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヘルクレスざ【ヘルクレス座】

八月上旬の宵に南中する星座。琴座の西にあり、広範囲を占めるが明るい星は少ない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルクレス座
へるくれすざ

夏の宵のほとんど頭の真上あたりに見えるプトレマイオスの48星座の一つ。3等星以下の暗い星々を連ねて、ギリシア神話で活躍する剛勇無双の大英雄ヘルクレス(ヘラクレス)の姿を逆さまに描き出している。もっとも目につくのは、頭にあたるα(アルファ)星で、この星はラス・アルゲティともよばれている。これは「ひざまずくものの頭」という意味で、かつて古代ギリシアではこの星座は「ひざまずくもの」とよばれており、ヘルクレスの星座名はのちに結び付けられたとされている。また、α星は明るさが100日くらいの周期で3等から4等まで変わる半規則変光星として知られているが、望遠鏡では、すぐそばに5等星がくっついた二重星として楽しめる。小望遠鏡での見ものは、ヘルクレスの腰のあたりにある大球状星団M13で、これは双眼鏡でも縁のぼけた丸い像として見られる。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘルクレス座の関連キーワードアレシボ電波観測所ヘルクレス座新星メシエカタログアレシボ天文台太陽(天体)トレミー星座星間通信りゅう座太陽運動蛇遣い座セティ藤井視差向点新星

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android