コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリングスハウゼン海 ベリングスハウゼンかいBellingshausen Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベリングスハウゼン海
ベリングスハウゼンかい
Bellingshausen Sea

南極大陸沿岸部のほぼ西経 70°~100°の海域。サーストン島から南極半島まで 1100km。北東部はドレーク海峡を通して大西洋のスコシア海までいたり,北西部は太平洋,西部はアムンゼン海に接続する。 1819~21年ロシア海軍の周航時に初めて調査され,指揮者 F.ベリングスハウゼンを記念して命名。南極大陸岸では浮氷のため接岸困難な部分に属する。大陸棚の発達はよく,幅 200~400kmに及び,その沖にピーター1世島がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベリングスハウゼン‐かい【ベリングスハウゼン海】

Bellingshausen Sea》南極、南極半島西部の縁海。アレキサンダー島サーストン島の間を指す。名称は、ロシアの南極探検隊の隊長ベリングスガウゼンにちなむ。エルズワースランドに面し、ピョートル1世島が浮かぶ。1995年、海底堆積物の調査から、新生代第三紀鮮新世(約215万年前)に直径1~4キロメートル程度の小惑星が落下したと考えられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベリングスハウゼン海
べりんぐすはうぜんかい
Bellingshausen Sea

南極半島西部のアレクサンダー島と、その西のサーストン島との間の南緯71度、西経85度を中心とする縁海。1819~20年のロシア南極探検隊長ベリンスガウゼンФаддей Фаддеевич Беллинсгаузен /Faddey Faddeevich Bellinsgauzen(1778―1852。ベリングスハウゼンThaddeus Bellingshausenとローマ字に転写された)にちなんで命名された。通年密流氷があり、南極大陸沿岸中でも接岸が困難な海域の一つ。1898年にベルギーのジャーラシュがベルジカ号とともにこの海域で氷に閉じ込められ、南極での初越冬を余儀なくされた。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベリングスハウゼン海の関連キーワードピョートル一世島エルズワースエイツ海岸南極海久野岬

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android