ベン・ベラ(英語表記)Ben Bella, Ahmed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベン・ベラ
Ben Bella, Ahmed

[生]1916?.12.25. マグニア
[没]2012.4.11. アルジェ
アルジェリアの軍人,政治家。初代大統領(在任 1963~65)。1937年フランス軍に入隊,第2次世界大戦中はヨーロッパ戦線で戦い,数回勲章を受けた。除隊後アルジェリア人民党 PPAに入党して反フランス闘争を指導。1950年に逮捕されたが 1952年に脱獄。エジプトのカイロを経てリビアに亡命し,そこから解放運動を指導したが(→アルジェリア民族解放戦線),1956年再び逮捕された。1958年9月アルジェリア共和国臨時政府 GPRAが成立,フランスに抑留中のまま副首相となり,1962年3月釈放された。同 1962年7月独立とともに社会主義志向を表明してベン・ユースフ・ベン・ヘッダ首相と対立。実権を握って 1963年9月初代大統領に選ばれたが,独裁的権力をふるい,1965年6月の軍部クーデターで失脚,1979年まで監禁された。1980年に亡命,1990年9月亡命先から帰国し,アルジェリア民主主義運動 MDAを組織して,1991年11月に行なわれたアルジェリア初の複数政党制による人民議会選挙に臨んだが,同党の議席獲得はならなかった。1964年レーニン平和賞受賞。(→アルジェリア問題

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベン・ベラ

アルジェリアの民族運動の指導者,独立後の初代大統領。第2次大戦中はフランス軍の下士官を務めたが,1946年以降フランスからの独立をめざす民族解放運動に参加,1949年国粋主義的なアルジェリア人民党の軍の特殊部隊長となる。フランス守備隊を襲撃して逮捕されるが,1952年脱獄してカイロに亡命。1954年アルジェリア民族解放戦線(FLN)の創設者の一人となる。武力決起を指導して1956年フランス軍に捕まり,1962年停戦協定(エビアン協定)の成立までフランスの獄中にあった。同年独立が達成されると初代首相となり,翌年9月初代大統領に就任,憲法を制定して政治体制の枠組みを定め,社会主義的な経済建設の方向を確認,外交では非同盟主義と民族解放闘争支援の基本路線を打ち出した。1965年6月ブーメディエンらの軍事クーデタによって失脚,1980年10月まで監禁された後,国外に亡命した。多彩な政治・文化活動を行い,1990年アルジェリアに戻った。
→関連項目アルジェリア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android