ベーア(Johann Beer)(読み)べーあ(英語表記)Johann Beer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベーア(Johann Beer)
べーあ
Johann Beer
(1655―1700)

オーストリアの音楽家、作家。ザルツブルク東部郊外の旅館の息子として生まれる。北ドイツのザクセン選帝侯の分家、ワイセンフェルス家に楽長として仕えた。作家としては多くの筆名を用いた。短編『風癲(ふうてん)病院訪問記』(1681)はものぐさな小貴族が主人公の風刺ピカレスク(悪漢)小説、二大長編『冬夜清話』(1682)、『夏日快譚(かいたん)』(1683)は若い宮廷人たちのたどる壮大なアバンチュールの世界を描き、作者の語り口に、もはやピカレスク小説の先人グリンメルスハウゼンの苦みはみられない。

[村田宇兵衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android