コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベークランド Baekeland, Leo Hendrick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベークランド
Baekeland, Leo Hendrick

[生]1863.11.14. ベルギー,ヘント
[没]1944.2.23. アメリカ合衆国,ニューヨーク,ビーコン
ベルギー系のアメリカ合衆国の化学者。1884年最優秀の成績でヘント大学の博士号を取得,教授になった。1889年アメリカに移住し,写真製作会社を設立,人工光線で現像できる感光紙を発明した。この特許をジョージ・イーストマンに 100万ドルで売却。1905年シェラック(塗料)の代用品の合成を始め,その過程で,一度固まると溶媒に溶けず,電気絶縁性を有する熱硬化性プラスチックを 1907年発明し,「ベークライト」と名づけた。合成樹脂工業のさきがけである。1924年アメリカ化学会の会長を務めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベークランド

ベルギー生れの米国の化学技術者。ヘント大学に学び1889年渡米。改良印画紙〈ベロックスvelox〉を発明し,写真感光材料製造会社を創立。1907年ベークライトを発明し,ゼネラル・ベークライト会社を創設。
→関連項目合成樹脂フェノール樹脂

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベークランド【Leo Hendrik Baekeland】

1863‐1944
ベルギー生れの化学技術者,工業家。ガンに生まれ,1884年ガン大学で学位を得,政府の科学教員養成学校で化学と物理を教えたのち,89年にアメリカに移住。初め写真会社に勤務したが,のちに写真印画紙〈ベロックスVelox〉(商標)を発明し,ネペラ化学会社を設立して独立。1905年からフェノールホルムアルデヒドを反応させて得られる合成樹脂を研究,07年〈ベークライト〉の名で知られる最初の合成プラスチックの製造を開始した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ベークランド【Leo Hendrik Baekeland】

1863~1944) アメリカの化学者。ベルギー生まれ。写真感光材料を改良。また、ベークライトを発明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベークランド
べーくらんど
Leo Hendrik Baekeland
(1863―1944)

ベルギーの化学者、技術者。写真用印画紙ベドックス、合成樹脂ベークライトの発明で有名。8歳のおり、貧しい境遇から出発して成功したベンジャミン・フランクリンに感銘、開拓者精神を育てた。成長して化学の領域に足を踏み入れ、21歳でガン大学の学位を取得し、教壇に立った。1889年に招かれてアメリカの写真フィルム・印画紙製造会社で2年間研究した。その成果が暗室利用可能の印画紙ベドックスの発明である。その実用化から得た利益が合成樹脂ベークライトの発明(1908)を生んだ。1910年にベークライト製造会社をアメリカに設立した。彼の高分子物質の構造・物性についての予見は次々に証明された。彼の理想は、同時代の多くの科学者のそれのように、科学の成果で社会の進歩を実現することにあった。アメリカ化学会会長として活躍し、後年コロンビア大学名誉教授となった。[川又淳司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベークランドの関連キーワードジェームス スウィンバーンアメリカ合衆国コールタール11月14日ベイクランド合成高分子