コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペチョラ川 ペチョラがわreka Pechora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペチョラ川
ペチョラがわ
reka Pechora

ロシア北西部,コミ共和国ネネツ自治管区を流れる川。全長 1809km。流域面積 32万 2000km2。ウラル山脈中北部に源を発し,山脈中を南西流したのちペチョラ平原を北,南西へ流れ,左岸にイジマ川を合せたのち北へ流れを変えて,バレンツ海のペチョラ湾に注ぐ。沿岸には三日月湖や湿原が広く分布する。 10月下旬~5月中旬は結氷。上流部のトロイツコペチョルスクまで定期航路があり,高水位期にはウラル西斜面のウスチウンヤまで航行可能。外洋船はナリヤンマルまで遡航する。木材流送にも利用され,沿岸では漁業が行われる。流域は石炭,石油の産地である。沿岸主要都市はペチョラ,ナリヤンマル。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペチョラ川
ぺちょらがわ
Печора Pechora

ロシア連邦北部を流れる川。ウラル山脈中部に発し、山脈北西部の流水を集めて北流、西流、また北流してバレンツ海に注ぐ。延長1809キロメートル、流域面積32万2000平方キロメートル。流域は中・上流がコミ共和国、下流がネネツ自治管区に属する。外航船はナリヤン・マル(河口から110キロメートル)まで、川船はペチョラ(河口から約700キロメートル)まで航行可能。10月末~5月に結氷し、春の融雪期と夏の降雨期に氾濫(はんらん)する。流域の大部分はツンドラ(永久凍土帯)であるが、ボルクタ(ペチョラ炭田)の石炭、ウフタの石油など地下資源が豊富。上流をダムでせき止めて南へ流し、カマ川を通してボルガ川水系と連絡する計画がソ連時代にたてられていたが、実現していない。[津沢正晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペチョラ川の関連キーワードボリシェゼメリスカヤツンドラペチョライルイチ自然保護区ネネツ(ロシアの地名)コミ(ロシアの地名)サモエード語派ソスノゴルスクコミ(民族)カスピ海ネネツ族ボルクタロシアコミ族インタウフタ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android