コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペチョラ川 ペチョラがわ reka Pechora

2件 の用語解説(ペチョラ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペチョラ川
ペチョラがわ
reka Pechora

ロシア北西部,コミ共和国ネネツ自治管区を流れる川。全長 1809km。流域面積 32万 2000km2ウラル山脈中北部に源を発し,山脈中を南西流したのちペチョラ平原を北,南西へ流れ,左岸にイジマ川を合せたのち北へ流れを変えて,バレンツ海のペチョラ湾に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペチョラ川
ぺちょらがわ
Печора Pechora

ロシア連邦北部を流れる川。ウラル山脈中部に発し、山脈北西部の流水を集めて北流、西流、また北流してバレンツ海に注ぐ。延長1809キロメートル、流域面積32万2000平方キロメートル。流域は中・上流がコミ共和国、下流がネネツ自治管区に属する。外航船はナリヤン・マル(河口から110キロメートル)まで、川船はペチョラ(河口から約700キロメートル)まで航行可能。10月末~5月に結氷し、春の融雪期と夏の降雨期に氾濫(はんらん)する。流域の大部分はツンドラ(永久凍土帯)であるが、ボルクタ(ペチョラ炭田)の石炭、ウフタの石油など地下資源が豊富。上流をダムでせき止めて南へ流し、カマ川を通してボルガ川水系と連絡する計画がソ連時代にたてられていたが、実現していない。[津沢正晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペチョラ川の関連キーワードロシア連邦СалехардトゥバНарьян-Марカバルディノ・バルカル[共和国]コミ[共和国]サハ[共和国]ジリャン語バシコルトスタン[共和国]モルドビア[共和国]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone