コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペリオイコイ ペリオイコイperioikoi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペリオイコイ
perioikoi

原義は「周辺住民」。古代ギリシアスパルタ政治体制のなかでは,完全市民であるスパルタ人 (スパルチアタイ) とともにスパルタの国家を形成した劣格市民。スパルタに征服された周辺のラコニアメッセニアの住民をさす。彼らはみずからの共同体を形成し,政治的には従属したが,ある程度の地方自治を許された。スパルタ市民と同等の兵役,納税義務を負っており,彼らに代って商工業活動に従事した。しかし,兵役に従い共同体を治めたペリオイコイはおそらく土地所有者であった。ペロポネソス戦争レウクトラの戦いに従軍したが,概してスパルタに従順であった。後世,ローマの支配のもとに周辺都市はスパルタからの独立を得た。なお,クレタエリスではスパルタと同様に劣格市民を表わし,テッサリアでは従属的同盟者をさした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ペリオイコイ(〈ギリシャ〉perioikoi)

古代ギリシャスパルタの半自由民。完全市民とヘイロタイとの中間。参政権はなかったが共同体の自治は認められ、従軍の義務を負った。農業を主に、商業・手工業に従事。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ペリオイコイ

古代ギリシア語で〈周辺居住者〉の意で,ポリスにおける半自由民,従属民。市民とヘイロータイの中間に位置し,納税・従軍義務はあるが参政権はなかった。スパルタなどドリス人系のポリスに多かった。
→関連項目ラコニア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペリオイコイ【perioikoi】

古代スパルタにおいてスパルタ人(市民)とヘイロータイの中間に位置した人々。語義は〈周辺居住者〉。スパルタ人のラコニア,メッセニア征服の過程で,スパルタに従属させられたドリス人(ラコニアに侵入したスパルタ人以外のドリス人,一部のメッセニア人,スパルタから植民に送り出されたスパルタ人)と一部のアカイア人の共同体成員で,その共同体は総数100に達したといわれ,海岸地域や中心市スパルタ周辺の山地に散在し,メッセニアよりもラコニアに多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ペリオイコイ【perioikoi】

古代スパルタの半自由民。市民とヘイロタイの中間に位置し、財産所有権を有したが参政権はなかった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペリオイコイ
ぺりおいこい
perioikoiギリシア語

「周辺に住む人々」の意で、古代ギリシアの一部のポリスに存在した半自由民。アルゴリス、クレタ、テッサリアにも存在したが、とくにスパルタにはその共同体が100ほどあったと伝えられる。スパルタのペリオイコイの実態がもっともよくわかり、彼らの多くはドーリス人であるが、一部東方方言群に属する人々もいて、メッセニア併合の過程でメッセニア人も一部この身分となった。彼らはスパルタの正式の国家構成員であったが、政治的権利はなかった。しかし彼らの共同体内の自治は許された。従軍義務を課せられ、古典期にはスパルタの兵力の大部分を占めた。生活は農業を主とし、貧富の差があり貴族的階層も存在した。スパルタは市民に商工業を禁じたので、商工業活動はもっぱらペリオイコイの仕事となり、この面でも彼らの存在はスパルタに不可欠であった。[古山正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のペリオイコイの言及

【スパルタ】より

…しかし近年の考古学のもたらした知見は,ヘラクレス一族の帰還という伝承に基づく上記の通説に深く疑いを挟み,被支配民の蜂起によるミュケナイ諸王国の滅亡などを示唆している。異説の当否のいかんによってはスパルタの国家成立過程,ペリオイコイヘイロータイの身分の由来についても根本的な見直しがせまられる。いずれにせよ,前8世紀中ごろまでには統一国家が形成され,その領域はスパルタ市を中心におおよそラコニア一帯に及び,前8世紀後半には,肥沃な土地を求めてメッセニアに侵入してステニュクラロス平野を併合し,その土地を貴族の間で分割し住民をヘイロータイとした(第1次メッセニア戦争)。…

※「ペリオイコイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone