コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルッツィ ペルッツィPeruzzi, Baldassare Tommaso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルッツィ
Peruzzi, Baldassare Tommaso

[生]1481.3.7. シエナ
[没]1536.1.6. ローマ
イタリアの画家,建築家。 1501年にシエナ大聖堂の聖ジョバンニ聖堂のフレスコ画を描き,03年にローマに行き,D.ブラマンテの助手となった。最初の建築はシエナの銀行家 A.キージのローマの別邸ビラ・ファルネジーナ (1509~21) で,内部にラファエロとともにフレスコ画を描いた。ラファエロの死後,20年にサン・ピエトロ大聖堂の造営主任となり,27年の「ローマの掠奪」のときにはシエナに難を逃れ,29年に同地の聖堂を建築。最後の主要な仕事はマニエリスム様式の先駆をなすローマのパラッツォ・マッシモ・アレ・コロンネ (35) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ペルッツィ

ルネサンス時代のイタリアの画家,建築家。シエナ生れ。画家として出発したのち,1503年ローマに出て建築に従事。1509年―1511年,ラファエロが《ガラテイアの勝利》を描いたファルネジーナ宮を設計,同時にフレスコ装飾も手がけた。
→関連項目セルリオ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペルッツィ【Baldassarre Peruzzi】

1481‐1536
ルネサンス時代のイタリアの画家,建築家。シエナに生まれ,フランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニの影響下に絵画と建築を学び,ローマに出てシエナ出身の大銀行家アゴスティーノ・キジの知遇を得た。その別荘ビラ・ファルネジーナ(1505‐11)は前期の代表作である。ラファエロ,ジュリオ・ロマーノソドマらと分担制作した別荘の装飾壁画には透視画法を駆使したトロンプ・ルイユがみられ,のちに流行した内装の先例として注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルッツィ
ぺるっつぃ
Baldassare Peruzzi
(1481―1536)

イタリアの建築家、画家。シエナ出身であるが主としてローマで活躍した。3月7日受洗、1月6日ローマで没した。初期の修業は不明であるが、ピントリッキョのもとで画業を学んだと思われ、1501年シエナ大聖堂内のサン・ジョバンニ礼拝堂の天井画装飾に参加している(消失)。03年ごろローマに出、バチカン宮やサン・オノフリオ聖堂などで壁画を制作。09~11年にはアゴスティーノ・キジ(シエナの銀行家)のために別荘を建て、その壁画を制作した(この別荘はのちにファルネーゼ家の所有となったのでファルネジーナとよばれる)。U字形プランの簡潔なルネサンス様式の建物で、その「遠近法の間」には彼の舞台背景画の知識がよく発揮されている。ブラマンテの助手としてサン・ピエトロ大聖堂の建設に参加、20年にはその準主任建築家となる。27年のローマ劫掠(ごうりゃく)のとき捕虜となり、いったんシエナに帰ったのち、31年サン・ピエトロの主任建築家となった。この時期の代表作がパラッツォ・マッシモ・アレ・コロンネ(1532/35ころ着手)で、曲面のファサードや片蓋(かたふた)柱と円柱の独自の構成などに、マニエリスム的特徴がすでに認められる。[篠塚二三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペルッツィの関連キーワードメフメットクリスティアン[1世]ジョアン[2世]メフメトアビス朝伊那市駒ヶ根(市)朝倉孝景延徳版小栗宗湛

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペルッツィの関連情報