コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウボウ ホウボウ Chelidonichthys spinosus

4件 の用語解説(ホウボウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホウボウ
ホウボウ
Chelidonichthys spinosus

カサゴ目ホウボウ科の海水魚。全長 40cm内外。体の前方は四角張っており,後方で側扁する。頭はかなり大きく,とげのある骨板で覆われる。口はややとがる。両眼の間が少しくぼみ,その間隔は眼径より短い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホウボウ

ホウボウ科の魚。全長40cm余になる。北海道南部〜台湾,ニュージーランド南アフリカにまで分布。胸びれの下部の3軟条が指状に分離する。胸びれは大きく,基部は淡緑色で縁辺は鮮青色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ホウボウ

 [Chelidonichthys spinosus].カサゴ目ホウボウ科の海産魚.40cmになる.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホウボウ
ほうぼう / 魴・竹麦魚
hobo gurnardred gurnard
[学]Chelidonichthys spinosus

硬骨魚綱スズキ目ホウボウ科に属する海水魚。北海道南部以南、東シナ海、黄海、渤海(ぼっかい)、南シナ海に分布し、水深5~615メートルの泥地や貝殻まじりの砂地にすむ。頭は堅い骨板で包まれ、吻端(ふんたん)に短い棘(とげ)がある。背びれの棘(きょく)状部と軟条部の基底に小棘のある骨板が1列に並ぶ。胸びれは長くて広く、その下部3軟条は肥大して互いに離れ、歩行索餌(さくじ)に用いられる。体表は微細な円鱗(えんりん)で覆われ、体色は紫色を帯びた紅色で、赤紅色の大きな斑紋(はんもん)が散在する。胸びれの内側の地色は淡緑色で縁辺部は鮮青色、下半部に多数の青色の小斑紋が散在して美しい。幼魚では下半部に大きな黒色斑がある。全長40センチメートルになる。
 おもに小エビ、カニ、シャコ、小魚などの底生動物を食べて成長し、生後1年で約15センチメートル、2年で22センチメートル、5年で32センチメートル余りになる。全長30センチメートルぐらいから成熟し、産卵期は12~5月で、海域によって異なる。卵は油球1個をもつ分離浮性卵で、受精後4日で孵化(ふか)する。孵化仔魚(ふかしぎょ)は3.1~3.3ミリメートル。うきぶくろに付いた発音筋を振動させてぐぐっぐう、ぐうぐう、ぼうぼうなどと発音するので、地方によってはコトヒキ(琴弾き)ともいう。底引網などによって漁獲される。肉は白くて味が淡泊であり、高級魚として取り扱われる。鍋物(なべもの)のほか、刺身、蒸し物、焼き魚、吸い物などにする。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホウボウの関連キーワード笠子特鰭葉鰧針鯒蓑笠子金頭金戸蝉魴鮄魴鮄ホウボウ(魴鮄)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホウボウの関連情報