ホジキン(読み)ほじきん(英語表記)Alan Lloyd Hodgkin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホジキン(Alan Lloyd Hodgkin)
ほじきん
Alan Lloyd Hodgkin
(1914―1998)

イギリスの神経生理学者。バンベリーに生まれ、ケンブリッジのトリニティ・カレッジに学ぶ。在学中から神経生理学の実験に親しんだ。卒業(1936)後、ロックフェラー研究所流動研究員として1年間滞米。第二次世界大戦中レーダーの研究を担当。1945年ケンブリッジに復帰し神経生理学の研究を再開した。1970年以降ケンブリッジ大学教授。1963年、「神経線維の電気的活動にかかわるイオン機構の発見」によって、共同研究者A・F・ハクスリーおよび同様の研究をしていたエックルズとともにノーベル医学生理学賞を受けた。
 ホジキンらは、イカの巨大軸索にガラス管微小電極を挿入して細胞膜内外の電位差を測定したが、インパルスによる活動電位の動きは、ベルンシュタイン以来の定説に変更を迫るものであった。彼らは神経線維の興奮に伴うイオンの移動を研究し、細胞膜のイオン(とくにナトリウム)透過性の変化を中心とする新説を提出、その数式的な解析も、以後の研究で高い予測性が実証された。[梶田 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android