コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルツ ホルツ Holz, Arno

4件 の用語解説(ホルツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルツ
ホルツ
Holz, Arno

[生]1863.4.26. ラステンブルク
[没]1929.10.26. ベルリン
ドイツの詩人,劇作家。詩集『時代の書』 Das Buch der Zeit (1885) で名をあげ,ゾラの自然主義理論をさらに進めた『芸術,その本質と法則』 Die Kunst,ihr Wesen und ihre Gesetze (90~92) により「徹底自然主義」を提唱し,実作面では J.シュラーフと協力して短編集『ハムレット親父』 Papa Hamlet (89) や戯曲『ゼーリッケ一族』 Die Familie Selicke (90) などで写真のような「瞬間描写」の方法を開拓した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホルツ

ドイツの作家。《芸術,その本質と法則》(1891年)で〈徹底自然主義〉を提唱,詩人シュラーフJohannes Schlaf〔1862-1941〕と共著の短編集《パパ・ハムレット》,戯曲《ゼーリケ一族》はその実践である。
→関連項目自由舞台ハウプトマン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホルツ【Arno Holz】

1863‐1929
ドイツの作家,詩人。〈徹底自然主義〉の創始者。ゾラの影響の下に,芸術は自然の忠実な再現であることを要求し,刻々と変わる現実を微視的,包括的にとらえる〈寸秒文体Sekundenstil〉をシュラーフJohannes Schlaf(1862‐1941)との共著《パパ・ハムレット》(1889)で試みた。抒情詩でも伝統の詩形式を廃し,散文に近い自由なリズムで外界の印象や空想を歌った。《ファンタズス》(1898)はユーゲントシュティールの夢幻的世界を現出させている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルツ
ほるつ
Arno Holz
(1863―1929)

ドイツの作家。ラステンブルク(現、ポーランドケントシン)生まれ。幼時からベルリンで育ち、詩人として、のちに自然主義運動の担い手となる作家サークルに迎えられ、古典的伝統と決別して新しい社会の現実を対象とする詩集『時代の書』(1886)を発表。1891年には『芸術、その本質と法則』という論文で、外国の自然主義運動理論にも影響されて徹底自然主義を推進した。「芸術=自然マイナスX」は彼の唱えた有名な定義である。シュラーフとの共作には、「秒体」とよばれる細密な環境描写を特徴とする小説、『パパ・ハムレット』(1889)、『ある死』(1889)、戯曲『ゼーリッケ一家』(1890)がある。また機関誌『自由劇場』(後の『新展望』誌)の編集長となった。連作詩集『ファンタズス』(1898~1899)は、『叙情詩の革命』(1899)で追求した新しいリズム理論の実践であるが、幻想的なバロック詩の形式からも学んでいる(『ダフネ』1904)。イェルシュケとの合作では悲喜劇『トラウムルス』(1904)、『イグノラビームス』(1913)を書いている。[岩淵達治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホルツの関連キーワードルステンブルクスクランブル交差点リンブルガーラステンバーグブルーマウンテンブレンド 樽缶ブルーマウンテンブレンド 微糖ブルーマウンテンブレンド ブラック・無糖ラステンほらどローテンブルク岩アンブル (amble)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホルツの関連情報