コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロムイソウ Scheuchzeria palustris L.

世界大百科事典 第2版の解説

ホロムイソウ【Scheuchzeria palustris L.】

湿原にはえるホロムイソウ科の多年草(イラスト)。根茎ミズゴケの中を横にはい,節から葉を束生する。葉は直立し,細くて硬く,断面半円形,長さ10~30cm。先端に排水孔があり,基部葉鞘(ようしよう)と葉舌がある。夏に高さ10~20cmの花茎を直立し,数枚の葉を互生につける。花茎の上部の葉は小さな苞となり,腋(えき)に花をつける。花は両性で,花被は6枚あり,黄緑色おしべは6本で花糸があり,葯は細長い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホロムイソウ
ほろむいそう / 幌向草
[学]Scheuchzeria palustris L.

ホロムイソウ科の抽水性多年生水草。1属1種。地下茎は横にはい、古い葉鞘(ようしょう)に覆われる。葉は線形で長さ10~25センチメートル、先端に小孔がある。初夏、高さ約25センチメートルの花茎を出して上方に淡緑色の総状花序をつくり、径約5ミリメートルの数個の花を開く。花被片(かひへん)6枚、雄しべ6本、雌しべ3本。約7ミリメートルの果実がつく。高層湿原に生え、中部地方以北の本州、北海道、および北半球の温帯から亜寒帯に分布する。名は、北海道・石狩の幌向(ほろむい)で最初に発見されたことによる。[大滝末男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のホロムイソウの言及

【湿原】より

…ミズゴケ類でもり上がった小凸地hummock(ブルト)には,レンゲツツジ,ヒメシャクナゲ,ノリウツギなどの低木や,ヤマドリゼンマイ,ヌマガヤなどが生育する。小凹地hollow(シュレンケ)や湛水(たんすい)シュレンケpoolには,ミカヅキグサ,ヤチスギラン,ホロムイソウなどや,ハリミズゴケ,ウツクシミズゴケなどの半水生のミズゴケが生育する。池塘(ちとう)pond(ブレンケともいう。…

※「ホロムイソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ホロムイソウの関連キーワード利尻礼文サロベツ国立公園ホロムイソウ(幌向草)シバナ(塩場菜)日光国立公園幌向草鬼怒沼尾瀬湿原

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android