ボラ(読み)ぼら(英語表記)grey mullet

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボラ(魚)
ぼら / 鰡・鯔
grey mulletstriped mulletflathead grey mullet
[学]Mugil cephalus cephalus

硬骨魚綱ボラ目ボラ科に属する魚。名の語源は「腹が太い」ことにある。古名はクチメ(口魚)、ナヨシ(名吉)。マボラ、カラスミボラともいう。目が透明(死後は白色に変わる)な薄い膜(脂瞼(しけん))で覆われ、主上顎骨の後端は口角部の直上にあるのが特徴。出世魚の代表の一つで、海から川へ入りだした3センチメートル余りの幼魚をハク、川や池で生活する10センチメートル前後をオボコ、スバシリ、生後1年を経過した25センチメートル余りの未成魚をイナ、2~4年魚の30~50センチメートルの成魚をボラ、5年以上の老成魚をトドといい、トドは「遠う遠う」の意味である。雌は90センチメートルにもなるが、雄の多くは45センチメートル以下である。[落合 明・尼岡邦夫]

生態

北海道以南の日本各地、世界の温帯・熱帯海域に広く分布する。河川や湖沼の汽水から淡水域、沿岸の浅いところに生息し、主に底に沈積または付着した微生物、デトリタス(有機物)、珪藻(けいそう)類などを砂泥とともに食べる。砂泥は珪藻類などを粉砕するのに役立つ。また、そろばん玉の形に肥厚した胃の幽門(ゆうもん)部はそしゃくを助ける。産卵期は10~1月で、11月ごろに盛期がある。孵化(ふか)仔魚(しぎょ)は全長2.7ミリメートルほどである。
 春と秋に大きな群れをつくって回遊するので、このころが漁期で、刺網、定置網、釣りなどで漁獲される。稚魚を捕らえて、汽水域、河川、池などで養殖している。日本よりも東南アジア、イスラエルなどで盛んに養殖されている。[尼岡邦夫]

釣り

幼魚期から成魚ボラになるまでで、釣り方もいろいろある。夏から秋にかけてのイナのころにはミミズ、ゴカイ、イトメの餌でウキ釣りをする。ボラになると食わせ釣りと掛け釣りになり、陸や船からねらう。
 陸の食わせ釣りは先調子のじょうぶな竿(さお)でウキ釣りかブッコミ釣り。寒くなってボラの視力の落ちてきたころは、赤・黄のゴム片やビニル・ベイト(擬餌鉤(ぎじばり))をつけ、その下に3本錨(いかり)(掛け鉤を3本束ねて錨のような形に巻いたもの)をつけた掛け釣りで、これをギャング釣りともよぶ。
 船釣りは江戸前の代表的な釣りであったが、いまは姿を消した。冬にイトメが泥中から抜け出して水面に浮遊すると、これをバチといって、バチを餌にした寒ボラ釣りが千葉県利根(とね)川下流、茨城県涸沼(ひぬま)川で始まる。盛期を過ぎれば掛け釣りになる。
 静岡県遠州灘(えんしゅうなだ)では胴づき二本鉤(ばり)、ハリスに赤玉ウキを通し、オモリ25~30号で投げ釣りをする。これをフウセン釣りとよぶ。
 川筋では、コイの吸い込み釣りと同様に、吸い込み仕掛けや、集魚剤入り練り餌での釣り方もある。[松田年雄]

食品

白身魚ではあるが、タンパク質、脂質を多く含む。味は淡泊だが、やや泥臭いにおいがある。この臭みはしょうがやみそでかなり消すことができる。刺身や洗いにして、からし酢みそや、しょうがじょうゆで食べたり、塩焼き、てんぷら、魚田(ぎょでん)など広く利用できる。ボラのへそともよばれる胃の幽門部の部分は、串(くし)に刺して塩焼き、つけ焼きにすると特有な味と歯ごたえがある。からすみは、ボラの卵巣を塩漬けして乾燥したものである。
 愛知県木曽(きそ)川下流には、ボラの幼魚(イナ)を用いた「いなまんじゅう」という料理がある。イナを姿のまま、鱗(うろこ)、えら、内臓をとり、専用の器具を使って中骨を抜き取り、水洗いする。骨を抜いた腹の中に、しょうがやコウタケの刻んだもの、ぎんなんなどを加えた練りみそを詰め、串に刺して焼く。[河野友美]

民俗

三重県志摩地方はかつてボラ漁が盛んで、「盤(ばん)の魚(うお)」とか「真魚箸(まなばし)」といって、正月にボラを用いる神事が行われる。これは、魚に手を触れることなく調理したボラの肉片を、参加者一同が頂いて帰って神棚に供え、豊漁を祈るもので、鳥羽(とば)市小浜町にはボラを供養する石碑もある。[矢野憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボラの関連情報