コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリプロピレン ポリプロピレンpolypropylene

翻訳|polypropylene

7件 の用語解説(ポリプロピレンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリプロピレン
ポリプロピレン
polypropylene

プロピレンの重合体。一般のラジカル重合イオン重合では高分子量の重合体が得られないが,チーグラー触媒を用いると高分子量の立体規則性重合体が得られる。この重合体はアイソタクチック構造をもち,融点が 176℃で比重は 0.91と軽い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポリプロピレン(polypropylene)

プロピレン付加重合によって得られる高分子化合物。軽く、折り曲げに強く、透明性・電気絶縁性・耐薬品性にすぐれる。合成樹脂合成繊維に用いられる。PP。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ポリプロピレン

プロピレンを重合させて得られる熱可塑性樹脂。1954年イタリアのG.ナッタが開発,1957年イタリアのモンテカチーニ社で工業化。重合にはチーグラー触媒を発展させたものを使用。
→関連項目合成繊維生分解性プラスチック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ポリプロピレン

 プロピレンの重合体で,耐熱性,防湿性などに優れ,広く生活に利用されている.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポリプロピレン【polypropylene】

プロピレンの重合によって得られる熱可塑性樹脂。プロピレンの重合体には非晶性(アモルファス)のものと結晶性のものとがあるが,成形品として用いられるのは結晶性のポリプロピレンである。1953年にドイツのK.チーグラーはトリエチルアルミニウム‐四塩化チタンAl(C2H5)3‐TiCl4(いわゆるチーグラー触媒)を用いてエチレンを重合し,高密度ポリエチレンをつくることに成功した。イタリアのG.ナッタはこのチーグラー触媒の改良研究を進め,54年,トリエチルアルミニウム‐三塩化チタンAl(C2H5)3‐TiCl3(チーグラー=ナッタ触媒と呼ばれる)によってプロピレンが重合し,結晶性,高融点のポリプロピレンが得られることを発見した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ポリプロピレン【polypropylene】

プロピレンの付加重合により得られる高分子化合物。フィルムや成型製品、また繊維製品として用いる。 PP 。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリプロピレン
ぽりぷろぴれん
polypropylene

ポリエチレン、ポリ塩化ビニルポリスチレンとともに四大プラスチックの一つ。プロピレンCH3CH=CH2の重合した重合体(ポリマー)で、いまのところいちばん軽いプラスチック(比重0.82~0.92)で、軟化点も高く加工性もよい。代表的な熱可塑性樹脂の一つである。略称はPP。[垣内 弘]

製造法

プロピレンの重合をラジカル開始剤重合やイオン重合でのカチオン重合させると分子量の小さな軟らかいグリース状のものしか得られない。1954年イタリアのミラノ工科大学のG・ナッタは、トリエチルアルミニウムと三塩化チタンの複合固体触媒(ナッタ触媒)を用いて重合させると、分子構造的にはきわめて規則的な整然とした配列をもち、結晶性もよく軟化点170℃のポリマーの生成することをみいだした。この重合法は立体規則性重合という。[垣内 弘]

ポリプロピレンの立体異性体

ナッタ触媒以外の触媒でも先のようなポリプロピレンをつくることが可能である。ナッタ触媒を用いると立体配置をもったポリマーであるアイソタクチックのポリプロピレンが得られ、一般的な方法で重合させるとアタクチックポリマー、すなわち側鎖Rがまったく不規則に平面の上下に分布している構造のものが得られる。プロピレンをジエチルアルミニウムクロライド‐アニソール‐バナジウムアセチルアセトン複合系触媒を用いて重合させると、立体規則性ポリマーであるシンジオタクチックポリプロピレンが得られる。[垣内 弘]

用途

日本では年間約264万トン(2002)生産されている(四大プラスチック中では第2位)。機械的性質はポリエチレンより優れているが、酸素の存在下で光あるいは熱によって酸化劣化する欠点があるので、安定剤を必要とする。安価で汎用(はんよう)性に富み、これまでは二軸延伸ポリプロフィルムとしてフィルム分野、フラットヤーンカーペットなどの繊維分野、さらにコンテナ、弱電部品などの射出成形分野での利用が主であったが、現在はゴムおよびフィラー(充填(じゅうてん)剤)との複合物が自動車バンパー、その他の自動車部品、パネルなど、大型工業部品としての利用が広まっている。[垣内 弘]
『高木謙行・佐々木平三著『プラスチック材料講座 ポリプロピレン樹脂』(1969・日刊工業新聞社) ▽松本喜代一著『フィルムをつくる』(1993・共立出版) ▽佐伯康治・尾見信三著『新ポリマー製造プロセス』(1994・工業調査会) ▽井手文雄著『実用ポリマーアロイ設計』(1996・工業調査会) ▽日本化学会編、今井淑夫・岩田薫著『高分子構造材料の化学』(1998・朝倉書店) ▽エドワード・P・ムーア, Jr. 著、保田哲男・佐久間暢訳・監修『ポリプロピレンハンドブック――基礎から用途開発まで』(1998・工業調査会) ▽小松公栄他著『メタロセン触媒でつくる新ポリマー――新製品の開発・生産性の向上』(1999・工業調査会) ▽曽我和雄編『メタロセン触媒と次世代ポリマーの展望』(2001・シーエムシー)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のポリプロピレンの言及

【化学繊維】より

…自動車の内装,衛生的なことから喫茶店の内装,虫・カビに強いことから防虫網,蚊帳,ろ布,水がしみ通らないのでデッキチェアおよび漁網に使われる。
[ポリプロピレン系]
 イタリアのG.ナッタによって1955年に発明されたプロピレンが,立体的に規則正しく重合してできたアイソタクチック・ポリプロピレンを溶融紡糸して作った最も軽い繊維(比重0.91)。おもにマルチ糸に紡糸される。…

※「ポリプロピレン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone