コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルフュリオス ポルフュリオス Porphyrios

6件 の用語解説(ポルフュリオスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルフュリオス
ポルフュリオス
Porphyrios

[生]234
[没]305頃.ローマ?
ギリシアの新プラトン派の哲学者。生地はパレスチナテュロスかバタナイアとされる。アテネロンギノスに弁論術を,ローマでプロチノスに哲学を学んだ。著作は哲学,宗教,文献学にわたり,キリスト教に対して激しい攻撃を加えた『キリスト教徒駁論』 Kata Christianōnはのちに異端として焚書にされたが断片を残し,文献学的研究『ホメロス問題』 Homērika zētēmataはホメロス研究史上の金字塔であり,『オデュッセイア』における比喩的解釈の典型となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ポルフュリオス(Porphyrios)

[232ころ~304ころ]新プラトン学派の哲学者。シリアの生まれ。プロティノスの弟子で、師の思想の普及に努めた。また、著「アリストテレスカテゴリー論入門」はスコラ学に影響を及ぼした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ポルフュリオス

古代ギリシアの新プラトン主義哲学者。プロティノスの弟子で,その伝記を書き,遺稿をまとめて《エンネアデス》を編んだ。《アリストテレス範疇論入門》(《エイサゴゲ》と通称)は,イスラム世界,西方キリスト教世界に伝えられ,哲学・論理学の基本文献として長く尊重された。
→関連項目イアンブリコス新プラトン主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ポルフュリオス【Porphyrios】

232か233‐305ころ
ギリシア哲学者。テュロスに生まれたシリア人である。初めアテナイでロンギノスの門に学び,後にローマで神秘主義的哲学者プロティノスの弟子となった。師の死後,その伝記を書くとともに遺稿をまとめて《エンネアデス》の編集を行った。独創的な思想家というより,新プラトン主義の祖述者であり,その深く豊かな学識は古代的学問の一つの典型となっている。《ピュタゴラス伝》《肉食禁止論》《ホメロスにおけるニュンフェ論》や《エイサゴゲEisagōgē》と通称される《アリストテレス範疇論入門》などが現存している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ポルフュリオス【Porphyrios】

232頃~304頃) ギリシャの新プラトン主義哲学者。プロティノスの弟子。師の著作を編纂。また、著「アリストテレスのカテゴリー入門(エイサゴゲー)」は中世論理学に影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポルフュリオス
ぽるふゅりおす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のポルフュリオスの言及

【エンネアデス】より

…新プラトン主義の代表的哲学者プロティノスの論文集に付された題名。編纂は弟子ポルフュリオスの手になり,主題ごとに9論文(エンネアス)で1巻とし,全体を6巻にまとめて計54論文をおさめている。301年ころに成立。…

【新プラトン主義】より

…プロティノスに至ってギリシア・ローマ文明とオリエント・エジプト文明が完全に一体化したといってよいだろう。彼の著作は死後,弟子のポルフュリオスによって《エンネアデス》,つまり各巻9編から成る6巻の書物として出版された。ポルフュリオスの弟子イアンブリコスは《エジプト人の密儀について》によって古代異教神学を集大成した。…

【ボエティウス】より

…しかし獄死のため《範疇論(カテゴリアエ)》《命題論》《分析論後書》《トピカ》等〈オルガノン(思考の道具)〉と称されるアリストテレスの論理学関係の著書について実現をみただけであった。さらに彼はポルフュリオスの《アリストテレス論理学入門》の翻訳と注解を著したが,これは,〈類〉〈種〉といった普遍の存在論的位置づけをめぐり,ことに11世紀以降激しい論争が展開される〈唯名論〉と〈実念論〉との対立が生じてくる端緒となった。【野町 啓】。…

※「ポルフュリオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポルフュリオスの関連キーワード王戎リーマン幾何学ローマンローマナイズローマ教会ローマ風呂ローマンノーズローマの泉ローマの祭ローマの祭り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone