コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーイス ポーイス Powys, John Cowper

5件 の用語解説(ポーイスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーイス
ポーイス
Powys, John Cowper

[生]1872.10.8. ダービーシャーシャーリー
[没]1963.6.17. メリオネス
イギリスの小説家,詩人。ポーイス3兄弟の長兄。小説『グラストンベリー・ロマンス』A Glastonbury Romance (1933) などのほか,評論『ドストエフスキー』 Dostoievsky (46) やホメロス研究 (54,59) ,詩集『ルーシファー』 Lucifer (1956) ,自伝 (34) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ポーイス
ポーイス
Powys, Llewellyn

[生]1884.8.13. ドーチェスター
[没]1939.12.2. スイス,クラバデル
イギリスの随筆家,小説家。ポーイス3兄弟の末弟。ケンブリッジ大学卒業。ケニアで農場を経営,ニューヨークに渡り,以後パレスチナ,西インド,スイスと渡り歩いた経歴は,その作品に投影されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ポーイス
ポーイス
Powys, Theodore Francis

[生]1875.12.20. ダービーシャー,シャーリー
[没]1953.11.27. ドーセットシャー,マップパウダー
イギリスの小説家。ポーイス3兄弟の次兄。ドーセットシャーの田舎に住み,南イングランドの田園や農民の生活を主題にした作品を書いた。写実とアレゴリーの手法にユーモアを交えた独特の作風。主著『ウェストン氏のよいワイン』 Mr. Weston's Good Wine (1927) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ポーイス
ポーイス
Powys

イギリスウェールズ中東部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。行政府所在地ランドリンドッドウェルズ。旧モントゴメリーシャー県,ラドナーシャー県,ブレックノックシャー県(南端部を除く)およびデンビシャー県の南端部からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポーイス【John Cowper Powys】

1872‐1963
イギリスの小説家,評論家,詩人。大学の巡回講師としても有名。ウェールズの牧師の子。兄弟姉妹11人のうち4人までが作家という,ひどく文学的,閉塞的な家庭に育った。ケンブリッジ大学卒業。彼の作品は善なる自然と悪なる人間という独特な汎神論神秘主義を基調にしており,《嵐が丘》風の狷介不覊(けんかいふき)な人物に満ちた幻想的な小説《木と石》(1915),《ダクデーム》(1925),《ウルフソレント》(1929)などが有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポーイスの関連キーワードウォーキングズリープルーマーボローマリヤットフォレスターイギリス巻JBプリーストリーイギリスの名車Miniバースデーの日イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone