コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイトマイシン マイトマイシンmitomycin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイトマイシン
mitomycin

1956年に北里研究所の秦藤樹と協和発酵工業の若木重敏らの協同研究によって,放線菌 Streptomyces caespitosusの培養液から得られた抗癌性の抗生物質。A,B,Cなどの種類があるが,Cが抗癌性,安定性の点で最もすぐれている。水溶性で青紫色の結晶。抗癌性抗生物質のうち最も広範囲に有効といわれる。核酸の生合成を阻害し,癌細胞の分裂,増殖を抑制するものとみられる。副作用としては,顕著な白血球や血小板減少などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マイトマイシン

制癌(がん)性抗生物質放線菌の一種(ストレプトミセス・カエスピトスス)が産生。A,B,C等の種類があり,特にマイトマイシンC(紫色結晶)はDNA崩壊・DNA合成阻害を作用機序とする制癌剤として各種悪性腫瘍(しゅよう)に用いられる。
→関連項目制癌薬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイトマイシン【mitomycin】

抗腫瘍抗生物質。1956年秦藤樹らにより,東京都渋谷区の土壌から分離された放線菌Streptomyces caespitosusの培養液中からマイトマイシンAおよびBが見いだされ,その後,若木重敏らによってマイトマイシンCが見いだされた。マイトマイシンCは現在広く臨床的に制癌薬として用いられている。濃紫色の結晶で分子量334,水溶液はpH7~9で比較的安定である。強い抗菌作用を示すとともに,広スペクトルの抗腫瘍活性を示し,癌腫,肉腫,白血病,ホジキン病などに主として静脈内注射で用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マイトマイシン【mitomycin】

放線菌から発見された制癌作用をもつ抗生物質。 A ・ B ・ C の三種があるが、 C が臨床的に広く用いられている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のマイトマイシンの言及

【抗生物質】より

…日本では,世界にさきがけて実験動物腫瘍を用いて制癌抗生物質の探索を始め,この分野では世界の水準の先端にあるといえる。日本で発見され臨床的に用いられているものに,秦藤樹のカルチノフィリン(1954),マイトマイシン(1956),梅沢浜夫のブレオマイシン(1966),ペプロマイシン(1977),アクラシノマイシンA(商品名アクラルビシン,1977),立岡末雄のクロモマイシンA3(1955),石田名香雄のネオカルチノスタチン(1965)があり,とくにブレオマイシン,マイトマイシンは外国でもよく用いられている。外国で発見されたもので治療に用いられているものに,アクチノマイシンD,ダウノルビシン(商品名ダウノマイシン),ドキソルビシン(商品名アドリアシン)がある。…

※「マイトマイシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マイトマイシンの関連キーワードデキストラン硫酸ナトリウム抗癌抗生物質がん性腹膜炎ウロキナーゼ医薬用発酵薬物性肺炎抗白血病薬免疫抑制剤DNA修復膀胱腫瘍秦 藤樹翼状片胃がん皮膚癌三種

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マイトマイシンの関連情報